#ui_memo

ういめも

高尾小旅行 #2

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014223j:plain

どうもです。特段何かあるというわけでもなく、ただただどこかへおでかけしたみが増していく季節となりました。

時間の流れとは早く、天気予報では『雪』というワードが聞こえ始めましたね。今年はどこへ行くと決めたわけでもなく、行くならまた突発になりそうです。その日の気分でどこへ行くのか決めるのは怖くもあり面白くもあります。

金沢からの最終のサンダーバードが1時間遅れて終電を逃したのは最早いい思い出でございます。

 

 

 

11/26 P.M.7:20   北野

f:id:u_i_r_o_tk:20171211185411j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211185819j:plain

この日は朝から晴れでした。強いて言うなら、曇りの予報のはずが雲一つない晴れでした。

朝から昨日一昨日とあれやこれやと撮り回ったS.YU君と一緒に高尾山登るか!と言う話をしていて、数日前に見た天気予報では予報が曇りだったので都営車の高尾山口行き運用、いわゆる""山登り""を撮れるのではと計画を練り練りしていたんですが、見事晴れてくれたので逆光になりました。つらいけどつらくないこの微妙な気持ちは何。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129010100j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014223j:plain

目的だった10-300形1・2次車を丁度季節の重なった紅葉と撮れてもう朝から満腹でした。いろんな車両が来るので面白いですね。いくつか動画も撮ったので近いうちに投げれればいいなぁ…。夏のですら手が止まっていたり、やい紅白合戦がなんだ進捗がどうだとTLでワイワイやってる人たちをよそ眼に足りない素材を見て2割程度しかできていない現状を見ると間に合うか怪しくなって来たり…って書いてるうちにやれやって話ですね。明日にでも素材を撮りに行ってなんとか間に合わせたいと思います。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211191119j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211190745j:plain

俯瞰もやりました。つってもかなり遠かった上陽炎も出ていたのでパッと見じゃわかんないレベルになっちゃってますね。八王子に東京のビル群、そこに向かっていく車両なんかを重ねられてなかなか感慨深いものを撮れたような気になっていますがやはり主題が小さすぎますね。ただの高尾山からの景色ということにしておきましょう。下手に言うと各方面から雲が投げつけられそうです。

 

 

 

 

 

やっぱり綺麗な紅葉は見てて気分が高揚しますね。

『こうよう』だけに。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

高尾山の美しい紅葉を写真だけでお楽しみください

f:id:u_i_r_o_tk:20171211191518j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211191601j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192158j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192305j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211191719j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192310j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192302j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192257j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211191701j:plain

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211192909p:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211193019p:plain

この後は油そばを食して国領あたりで光条だ~~~~って話をしていました。

やはりSIGMAの70-300すごいですね。綺麗がどうのというレベルの話ではなく、美しいのレベルですね。こんな光条の出るレンズほしい…。

いや、マウントアタプタはあるので70-300買えよって話なんですが、どうもAFの勢いがOLYMPUSの小さいボディごと振り回すのと手振れ補正が無いのとが相まって固定できないとキツいものがあると判断してしまいまして、見送っているんですよね。でもこれはそれらが妥協レベルになるぐらいほしい…

一度決めた決意が揺らいでしまうものでした。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211194028j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211194719j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211194132j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211194720j:plain

あれやこれやとしていたら夕暮れの時間になったので笹塚で日に焼かれる5000系を狙います。正直晴れるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。銀色の車体には傾いた日の色がよく合います。

 

 

 

例の坂

f:id:u_i_r_o_tk:20171211204825j:plain

例の坂です。前回行こう行こうと思って曇りだったのでやめたところです。

8話すごかったですね、ついでに原作もヤバかったですね。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211205820j:plain

* で、英梨々の方はスランプ続いてるの?

f:id:u_i_r_o_tk:20171211205822j:plain

* けど、もう一人原画を入れるとしても英梨々と同じぐらい上手くてどこのサークルにも所属して無くて、安芸君が頼めそうな人って他にいるの?

 

 

聖地巡礼と言われる行為をしたのはけいおん!の旧豊郷小学校氷菓の高山周辺なんかだけだったんですが、面白いぐらい忠実に描かれてすごいなぁと思ったり。何度も見たり読み返したりしてる分、本当にそこに存在してるようで変な感じでした。

これに関してあれやこれやと書き始めるとネタバレや文字の量的な意味でえらいことになりそうなのでここでは控えておきます。一言いうならそうですね…

 

原作買って

 

 

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211211049j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211211009j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211211052j:plain

 

東京駅

 

日本の首都に位置し、いわゆる""玄関口""といった場所。西へ、北へ。新幹線だけでなく東へ、南へ、在来線も伸びてゆく『THE・TERMINAL』ですね。

なんで東北新幹線のホームに行ったのかは、単に日が暮れるのが早すぎて時間が余ったからというのが正直なところではあるんですが、この人生で行った最北端が寝過ごして着いた常磐線ひたち野うしくなので最北端に行きたいなぁなんていうちょっとした願望が出たからというのが表立っての理由です。あとはまぁ単純な興味とか先述の通り時間余ったからとかいろいろ重なってじゃあ入場するか!と殴りこんでみました。新函館北斗、金沢、長野、仙台、秋田、盛岡…。行きたいと思っていた地の名がズラズラ並ぶと持っているのは入場券であるのは新大阪行きの切符なのに乗りこんでしまいそうでした。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171211211858j:plain

次は必ず旅客として…。

 

 

 

おわり

f:id:u_i_r_o_tk:20171211212010j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171211212027j:plain

とてつもなく古い感じの表示のくせに薄型とか言うよくわかんないやつを見つけたりこんな時間まで10分間隔でのぞみ動かしてんのか~とか思ってたら実は3分続行だったり東海道新幹線のヤバみを感じながら帰還しました。

 

今回の小旅行、どうしても今年の紅葉は大阪京都奈良以外がいいなぁと思い長野や兵庫の日本海側なんかを候補に挙げて考えていたんですが、そういえば高尾山の紅葉が綺麗だと聞いたことを思い出して決行したものでした。

夏同様飛び飛びとはいえ3日間も案内をしてくれたS.YU君、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。圧倒的感謝。

やはり話の合う人とあれやこれやと話しながら好きなことをできるのは楽しい時間ですね。

 

 

そういえば聖地巡礼繋がりで

冴えカノの映画化が決定したようで、お金が溶けるのが決定してしまいました。とりあえず叫ぶところまではやりましたが、次はどこまでやるのかですね。♭の最後の方が7、8巻あたりだったはずで、個人的に好きなのがその先の話なのでどうなるのか非常に気になります。何の話か分からなかったらとりあえず原作買えば幸せになれると思います。是非。

 

 

 

 

 

月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人なり。

時間の流れとは早く、天気予報では『雪』というワードが聞こえ始めましたね。

さて、次の行き先はどこにしましょうか。考えるだけで楽しみです。

 

 

 

 

写真と文字の比率が8:2ぐらいですがお許しを。

言いたいこと全部前に言うてもうたんや…。

では

高尾小旅行 #1

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129010100j:plain

どうもです。

すっかり冬の空になりまして、澄んだ空気とか夕日だの朝日などを見ながらおでかけしたみが溜まる季節です。いかがお過ごしでしょうか。

かくいう私も、なんだストレスだフラストレーションだどっか行くんだと11月の末に紅葉を撮るという目的でわざわざ高尾山まで足を運んでまいりました。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129012253j:plain

いつもの出発地となった大阪駅より直線距離で358km程度とGoogle Map先生は仰っておりますが、寄り道程度にフラっと行けるのが現代のヤバいところ。

椅子に座って2時間と30分程度で新横浜までたどり着けるんですから新幹線ってすごいですよね。ついでにそんなものを10分間隔で動かすあたりが最高にAMAZINGって感じです。富山行きてぇ

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129013033j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129013043j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129165144j:plain

金曜日の夕方に発ち、八王子に宿を取り土曜の朝から動き始めるというよくわからんどころか気でも狂ったんじゃないのかと言われそうな行程を組んだわけですが、つらかったのは早く起きることより美味しい無料の焼き立てパンが300円程度で錬成したコンビニのパンに化けてしまったことでしょうか。こればっかりは仕方のないことです。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129165544j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129165619j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129170041j:plain

日が昇る前だと言われなければただの夜の景色ですね。この時間に日が登り始めていた時期が少し前のように感じます。いや実際少し前ですが。

種別を変える各駅停車で高幡不動まで出て写真を撮り回ります。今回は前回のように動画を作る目的だったわけでもないので好きなだけ写真を撮れました。いや機材を増やせばどっちも撮れるわけですが、どうしても本体より旅費だのレンズがどうのと産んだはずの諭吉が次々と死んでいくもんですからなかなか踏み切れません。5000兆円とは言わないから空から100万ぐらい降ってきてほしい…。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129170153j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129170444j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129171620j:plain

せっかくの美味しい焼き立てパンを蹴ってでも撮りたかったのはSなんとかさんの動画や写真を見てずっと気になっていた多摩川の朝焼けでございます。

ほんとは富士山と~~~と思ってはみたものの、残念なことに雲が隠してどこにあるのかすらわかりませんでした。残念。

また再履修物が増えてしまったなぁとか思いながら、自分にも時間が無いことを思い出して死にたくなっているのがこれを書いている自分です。Now。今。現在進行形。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129171621j:plain

なんだカメラ持った人たちが増えたなぁと思ったらこの顔の奴生きてたんですね。死んだかと思ってました。

正直スカート無い方がかっこいいのではとか思うんですがいろいろあるんでしょうね。諦めます。

や、本音は10-300の8両が来ると思っていたので正直お前じゃないんじゃーーーいって感じです。今日じゃなくてよかったんやで……。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129171814j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129172147j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171129172149j:plain

降りる方は中河原で撮りました。この柵が邪魔だっていう人もいますが10-000の写真みたいにセルフクロススクリーンみたいになるっぽいのでありじゃないかなって。もうちょっと早めに気付けばよかったです。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171129172750j:plain

新しいのの傍で運び出されるお古さん。時代の流れを感じます。そろそろ地元もヤバいかな…。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014245j:plain

相模原線の乗り潰しもですが、目的はこっちでした。床下が綺麗なときに撮れてよかったなぁとかピント合ってよかったなぁとか晴れてよかったなぁとかいろいろありますが、とりあえず全部まとめて5000系カッコいい!!!!ということで片づけておきます。人によって赤色の出し方が違うので難儀しますね。最近こんな色出しづらい車両多い…多くない?

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014239j:plainf:id:u_i_r_o_tk:20171127014410j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171205163824j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171205163944j:plain

あとは地下鉄の方に行ってみたりなど。フリー切符は京王線内だけなので新宿駅から新線新宿まであるこうとしたんですが無理でした。迷いました。大人しく笹塚まで戻って新線新宿まで行きました。なんなんですかあれ。サイン見てもたどり着けないのは天性の才能なのかなんなのか全くです。土地勘ない所を歩くのは楽しいですがつらいですね、主に精神的な意味で。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171208155725j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171208155756j:plain

 夜はなんとか.Yなんとかしとこんにちはして高幡不動尊のライトアップを撮りました。SIGMAのContemporary 17-70mm F2.8-F4.0の出番だ!と思ってましたが思ってた以上に広角がつらかったですね。まぁマウントアタプタつけてマイクロフォーサーズで使っているので当たり前っちゃ当たり前ですが、広角やら魚眼やらも欲しくなってしまいました。

しっかしF8.0まで絞るとすごい描写力だなぁと。これヨドバシで4万切ってるんですよ。サードパーティーとはいえすごいなぁ。光条はあんまりって感じですが、普通に使ってる分にはコスパ最強って感じでいいんじゃないでしょうか。F2.8通しだったらよかったのにとか思いますが4倍ちょいでこれなら全然です。Artだとどんなもんなんでしょうか。新しいレンズほちい……。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171208163146j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171208163243j:plain

*柵の上にカメラを置いて撮影しています

こちらが本当の夜の高幡不動駅です。

ついでに顧客が本当に必要だった光条がこちらです。流石40-150mm F2.8PRO、OLYMPUS迫真のPROレンズって感じですね。いつからレンズについて語る記事になったんだ。

光条一つにしろレンズそれぞれいろいろあってあぁこれがレンズ沼…と身に染みた次第であります。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171208164222j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171208164049j:plain

帰りに目を付けていた京王片倉流し撮りしました。あんまり流れてる感ないですね。思い切ってピンクだけ切りだしたりしてみました。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171208164720j:plain

いや、実は設定ミスってあまりに暗かった上手前にホーム映っちゃってどうしようか悩んだんですよね。明るくしてもいいけどザラくなる、かといって誤魔化そうにも白黒じゃ面白くない。そこで思い付いたのがピンクだけ抜くパートカラーってやつです。OLYMPUS、カメラの中でそんな加工ができるなんて流石って思いましたがもともとこういう使い方する人の方が少ないですね。どっか行ってもE-M10 MarkII使ってる人滅多に見ませんし、それどころか40-150 F2.8PRO使ってる人も~~ってそもそもOLYMPUS使ってる人自体希少種ですね。これは失礼しました。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171208164722j:plain

▽必殺『Photoshopでいらないものを全部消す』!

▽相手は死ぬ。

 

 

 

おわり

f:id:u_i_r_o_tk:20171208165320j:plain

おわりなのにここまでの話題とも写真とも全く関係ない話をします。

やっぱり若干関係あるかもしれません。どっちやねん。

 

日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。

船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらえれ老をむかうる者は、日々旅にして旅を栖とす。

古人も多く旅に死せるあり。

予もいずれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、

やや年も暮、春立つ霞の空に白河の関こえんと、

そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにはひて、取るものも手に付かず。

松尾芭蕉の旅 おくのほそ道 (1) より

 

 松尾芭蕉という人の書いた、一度は古文か国語の授業で読んだことのある一文ではないでしょうか。

個人的な話になりますが、古文や漢文と言った分野はあまり好きではなく、いい成績だったというわけでもないんですが、最近になって調べてるうちに『あ~~~わかる~~~』といった"共感の意"が出てくるようになりまして。

どうせなので現代語訳も。

 

日は永遠に終わることのない旅人のようなものであって、来ては去り、去っては新しくやってくる年もまた旅人である。船頭として船の上で生涯を過ごす人や、馬引として年をとっていく人にとっては毎日が旅であって旅を住処としているのだ。昔の人も、多くの人が旅をしながら亡くなっている。 

私もいつの頃からか、ちぎれ雲が風に誘われて行くように流浪の旅をしたいという気持ちがおさまらずに、最近は海辺をさすらってはいた。去年の秋に川のほとりの古びた家に戻って、(留守にしておいた間にできていた)蜘蛛の巣をはらい腰を落ち着けた。年もだんだんとくれてきて春になったが、霞だちたる空を見ると、「今度は白河の関を超えたい」と、そぞろの神が私の心に取り憑いてそわそわさせ、しかも道祖神が私を招いているような気がした。

 

おくのほそ道 冒頭『漂白の思い(漂泊の思ひ)』現代語訳と解説 / 古文 by 春樹 |マナペディア| より

 

要は、家に帰ったら次どこに行くか考えて、この場合だと白河の関を超えたいと考えてしまったが最後、そぞろ神が憑いてそわそわさせ、道祖神にまで招かれてしまって行かざるおえない、と言った感じでしょうか。

いつぞに似たようなことを書いたような気がします。この時はおくのほそ道なんて気にもしてませんでした。やっぱり誰しも考えた先には同じような答えが待っているんだなぁと。

今のご時世、いざ飛び出てしまおうと思い立てば新幹線に乗れば北海道から九州まで、飛行機なら日本全国どころか世界中に行けてしまう時代です。

徒歩しかなかった当時を旅した彼は、今の便利なこの時代だとどんな旅をするんでしょうか。

 

 

 

・・・なんて、私なんかが考えるのは烏滸がましいにも程があるかもしれませんね。

 

あと日曜日の分が残っているのでまた近いうちに更新できればと思います。

 

 

 

では

image:10-300形1・2次車

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014223j:image

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014410j:image

f:id:u_i_r_o_tk:20171127014415j:image

f:id:u_i_r_o_tk:20171127015116j:image

 

夏に未練を残したまま、季節は秋となり。

遠い地を走る『彼』に、また会いに行きました。

細かいことはまた後日にでも書こうかと思います。

 

超望遠が欲しいですね?

東方旅紀 #3

2017/8/19 長沼 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120010524j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120024437j:plain

どうもです。

普段しないことをすると槍が降るなんぞ言われておりますが、この日も朝から曇りでした。つってももう3ヵ月も前の話ですよ。季節は秋ですよ秋。

3泊4日の最終日の朝は長沼で山下りを。なんとか回収できた晴れカットは後ろが曇るおまけ付き。まぁなんかそれっぽいのでよしとしましょう。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025015j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120024955j:plain

この日の行程は京急でもチラッと見て東京モノレールを見に行くというもの。

だったんですが、京急があまりにも面白いと感じれずササッと東モノへ移動してしまいました。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025612j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025455j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025904j:plain

向かった先は大井競馬場前。よくわかんないけど神々しい感じの雲と太陽を見ながら、10000系カッコいい~~~なんて思ったりなど。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025820j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025843j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120025746j:plain

ヤバそうな雲に包まれ初め、露光も足りなくなったので流し撮りをしてみたりとかしました。結構本数多いので飽きませんね。海の上に張り出してるのもモノレール感あってすきです。

 

 

あまりにも雲が覆うスピードが早いなぁと気になって雨雲レーダーを見たときのツイートが残っていました。

 

オイオイオイ死んだわこいつ

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120030116j:plain

浜松町まで戻った段階でこのありさまです。乗ってるモノレールの前面窓に雨粒が当たりバチバチと音を立てるレベルでした。

ここで前日、8/18に京王の芦花公園で言い放ったセリフを前の記事、東方旅紀 #2より引用してみましょう。

 

案の定降ってきましたが小粒で写真写りが悪い悪い。ドン・曇りになるぐらいなら大雨でも降らせろや~wとか言ってフラグ建てまくってたのに回収されないもんですね。

 

回収されてんじゃん。しっかり回収されてんじゃん。

まさか自分でもそのフラグが翌日に回収されるとは思ってもいませんでした。

この時は東京が連続降水記録を伸ばし続けている真っ只中。そら雨も降るか~とか納得してる場合じゃねぇよどうみてもゲリラ豪雨だろこれ。

滞在中ならまだしも、この日は新幹線でとんずらこく当日の話。自由席というわけでもないので早めに退散することもできず、遅れないことだけを祈ります。

前に富山へ行ったときに帰りのサンダーバード湖西線強風の影響で1時間以上遅れ、終電を逃すという案件があったのが拍車をかけ心配も倍増。そのこともあり当時の自分は気が気じゃなかったと思います。いや、望んでた雨が降ったので雨の絵が撮れる!!!と興奮してた意味で。

f:id:u_i_r_o_tk:20171120031128j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120031337j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120031339j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120031119j:plain

しかしバリエーションが多いので飽きませんね。いつまでもいれるなぁとか思いましたが露光も死にかけ品川に用があったので撤収。雨と東モノの絵が撮れたので満足でした。強いて言うならほかの撮れるとこで撮りたかったですね。

 

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120032610j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120032643j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120032648j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120032902j:plain

Aから始まる誰かさんみたいにどうやったらそんなん思いつくねんみたいなクッソ綺麗なカメラワークを決める人とラーメンを食し、1日1ラーメンを完結させた後流れで夜の京急へ。

 

前来た時も夜京急いってたなぁとか、蒲田で電池切れてキレてたなぁとか思い出します。どっか行ってるときに電池切れるのが怖くて予備バッテリーを2つも3つも買ってしまったのはまぁ戒めとしてはいいんじゃないでしょうか。知らんけど。

昼間全然面白くないとか思った京急が、夜になり行ってみるととても楽しく感じました。手が止まらなかったですね。曇りでテンションが上がらなかったとか、雨が降ってて面白かったからとかもあるんでしょうが、赤い車両がたまにある明かりに照らされ闇夜に浮かぶのはカッコよかったです。

1枚目、北品川の踏切の明かりを頼りに撮ったものなんですが我ながらなかなかいい感じなんじゃないかなぁとか思ってみたり。夜と雨、寒色が合いますね。明るいレンズって正義だわ…。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120033643j:plain

SS:1/6を手持ちで撮れるO-MDシリーズヤバない?ヤバいでしょ

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171120033654j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120033705j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171120033707j:plain

25分遅れの新幹線に乗り込み新大阪へ。

数日前にながらで一晩かけて通った道のりを2時間30分かからずで走破するの、時代の流れと言うか進歩はすごいなぁとか。今度はサンライズで通ってみたいですね。

 

 

 

 

おわり

さて、音沙汰もなかったのに何故唐突に記事を書こうと思ったのか。

まぁ行ってから3ヵ月も放置してしまっては記憶も薄れテキストが少なくなるんじゃないのとか言われてしまえば何とも言えませんね。実際写真メインでしたし。

しかし記憶の方はなぜか薄れることもなく、あそこであんなことしたなぁみたいなことはつい先日のように覚えています。#1で書いた数年ぶりに食べた我孫子唐揚げそばやラーメン屋のスープと麺の味、#2で書いた初めて10-300形1・2次車を見たときの感動や興奮とラーメン屋のスープと麺の味、#3で書いた大井競馬場前の静かな時間、雨が降り始め楽しくなった京急撮りにラーメン屋のスープと麺の味など。ラーメンしか言ってねぇなこいつ。

大事な記憶はきっといつまでも忘れないものです。だって2年前、背伸びして東京まで行った時のことを覚えているぐらいなんですから、きっとこの時の記憶もずっと忘れないんでしょう。そんないつまでも覚えているような思い出をたくさん作れるような人生であれば、きっと面白いし楽しいはずです。

誰に止められようと、行きたいところへ行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、そんな好き勝手出来る人生を送りたいなぁなんて今思いました。今。Now。当時じゃないよ。

そんなうまくいくようなもんじゃないとわかってはいますが、夢を語るだけならタダです。好き勝手やっていきましょうや。

ほら、夢はでかい方がいいとか言うでしょう?え?ちょっとズレてる?

 

 

というわけで実際に行ってから1ヵ月経ち書き始め、終わったのはなんと3ヵ月後とか言う更新が遅いにもほどがあるレベルの東方旅紀も今回で終わりです。

楽しかったなぁ…。やっぱり好きなことしてる時間が一番楽しいもんですね。

 

 

では。

semboku::zip 後日談

f:id:u_i_r_o_tk:20171030024927j:plain

どうもです。

東方旅紀の続き書けよ!とか自分で突っ込んだりなどしていますが、今回は動画のお話。

つったら聞こえはいいですが要は宣伝です宣伝。言っちゃったよ

 

 

ニコニコ版

www.nicovideo.jp

 

YouTube

youtu.be

 

カツ丼氏が音雲に上げた音声を聞いて一目惚れし、動画作らせてください!と無理を言って作ってしまいました。

 

南海・泉北高速の素材が元からあるわけでもなく、素材を撮りに行くところから始めました。

とはいっても普段から曲を決めてから撮りに行くというスタンスをキメてるのであったところで行っただろ~というのは別の話になっちゃいそうですね。

 

音MAD、途中下車シリーズの動画を作るのは初めてではなかったんですが、こういうテンポのものを作るのは初めてであぁ作ろうかなこう作ろうかなと悩んでいた時期がとても楽しかったです。それを実際作るとなったらいろんな理由からできる範囲に落とし込んでいかないといけないのが結構キツかったですけどね。脳味噌で考えたものをそのまま動画にするソフト、そろそろ出てもいいと思うんですが…。

 

 

順番に語っていきましょう。オタクは語りたがる生き物です。

 

全体的に途中下車らしく?それっぽい表現や撮り方なんかを意識してみました。

f:id:u_i_r_o_tk:20171030020158p:plain

最初の23秒まではできるだけ静かに。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171030020350p:plain

そこから白背景で勢いを付けつつ天下茶屋を目指します。

あんまりスクショ上げてたら動画の意味なくなっちゃいますね。

まぁ少しでも気になったら見てねってことで。

 

その後のシーンはできるだけ動画や写真をメインで使っていこうと考えていたので、実は一番時間がかかったところだったり。

慣れないことはするもんじゃねぇなぁとか思った反面、やはりしないと身につかないのでいい勉強になりました。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171030020549p:plain

て ん が ちゃ や 天下茶屋です。のところのシーンですね。

普段から音雲で人の作った音声を聞いてあ~わしならこう作るかな~みたいな構想の引き出しを作っているんですが、semboku::zipを初めて聞いたときからどうしてもこのあたりのシーンが頭から離れず動画作っていいか聞いたってぐらいには思い入れ(?)のあるシーンです。

23秒から堺東までが一番音MADっぽいかな?とか思ってみたり。

できる限り動画を使いながらそれっぽい表現を目指してみました。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171103001416p:plain

堺東は駅名表以外動画で構成し、ここまでが彩度を落とした区間になります。

某AEみたいなやべぇ動画を作るやべぇ下車作者が盛り上がる前に色を落として盛り上げを強くする~みたいな話をしているのを聞いて参考にしたりしなかったりしました。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171103001301p:plain

1:05~1:25はどちらかというと鉄道PVっぽくを目指してみました。

動画と静止画を織り交ぜ、1:05から1:15に向かうにつれちょっとずつバラバラなものが固まっていく?というかボケてたピントが合う?みたいな。語彙力ねぇなこいつ。

不規則な並べ方から規則正しくしていくのに手間取ったりしましたが、まぁそれっぽくできたかなと。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171030025621p:plain

泉北パートは彩度を落とすことなく、MAD的なモーショングラフィックス(?)もなくカメラワークだけでやろう!と最初から考えていたので駅名表のシーンにも動画をはめ込んでいくスタイルにしました。

栂・美木多のところなんかは結構自信があったりなかったりします。半透明にした駅名表に向けてカメラが動いていくのは見ない表現だなぁとか。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171030024852j:plain

サムネイルは各社のロゴを元に傾けたり角度変えてみたりしました。

フレアポン置きするだけで随分変わって見えるもんなんですね。おそロシア

 

 

最後になりましたが音声を製作されたカツ丼氏、本当にありがとうございました。泉北高速、昔プラレールかなんか持っててちょっと思い入れがあったので作れてほんとよかったです。

そういえばこの前の台風で南海本線が壊滅的な被害が出たそうですね。

 

はやいこと復旧するといいな…

 

 

では

東方旅紀 #2

f:id:u_i_r_o_tk:20170929214316j:plain

どうもです。やはりこういうのはやる気の満ち溢れてるうちにやってしまわないと、画面の前に座り、YouTubeniconicoなんかを回って満足して寝るという圧倒的無意味な時間を過ごしてしまう一連の流れを無限ループすることになるので早いうちに早いうちに…。

とは言っても実際に旅してからすでに一カ月経ってしまっている時点ですでに手遅れじゃねぇか!

ってところまで下書きで書いて既に前回の更新から3週間と経とうとしています。非常にマズい。

 

あんまり路線回った記事書くことが無いのでどうすりゃええんかわかりゃーさーせん。

だからふd…キーボードをたたく指が進まなかったんでしょうね。8000系かっこいい!すごい!で済んだらいいんですが、こういう場なので文章を練り練りしないと…。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171017215252j:plain

8000系カッコいい!!!!!!!!!!!!!

 

 

京王八王子

f:id:u_i_r_o_tk:20170929215200j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170929215310j:plain

 

某Sから始まる同じ1080pでも比べ物にならないぐらいクッソ高画質で綺麗な動画を撮る人と「朝飯6:30からなんで7時くらいっすかねwデュフフw」なんて言っていたのに、起きたら7時余裕で過ぎててマジで焦りました。やはりR&○のベッドには魔物が住んでいる。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170929220522j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017212738j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017220023j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170929220725j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017215808j:plain

ローリング土下座をキメた後は動物園線へ。多摩動物公園駅、屋根がエロい。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171017212923j:plain

 

貴重レア(?)な連結開放を動画で撮った後中川原駅に移動してSwarmでチェックインしようとして降りた電車にスマホを置いてきたのに気付きました。なんてこったい。急いで駅員さんに聞いたら調布で聖人が届けてくれていたそう。圧倒的感謝。一生崇めます。

よく人のブログとかTwitterとか見てて「スマホ落とした~w」なんて言ってるのを見ますが、ほんとにあるんですねこういうの。貴重な体験をしました。めっちゃ心臓に悪い。

 

芦花公園

f:id:u_i_r_o_tk:20171017220728j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017221224j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017221229j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017221242j:plain

中川原は動画が多かったのでスルーします。雨が降りそうだったので屋根のある所から撮れる芦花公園へ。

案の定降ってきましたが小粒で写真写りが悪い悪い。ドン・曇りになるぐらいなら大雨でも降らせろや~wとか言ってフラグ建てまくってたのに回収されないもんですね。

京王へ来た目的の一つである10-300形1~2次車を撮れてこころまんぞくさん。

 

 準特急←なんかカッコいい

 

ひるめし

f:id:u_i_r_o_tk:20171017232230j:plain

一日一回一ラーメン生活2日目

 

 

 

いな じょう   

f:id:u_i_r_o_tk:20171017222237j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017222218j:plain

余裕で望遠足りませんでした。つらい。

トリミングすれば誤魔化せますが、やっぱり望遠足りてないのは歯切れが悪くてつらいものがあります。こう…切れそうで切れないみたいな。

超望遠レンズほしい…OLYMPUSから300mmF4.0の単焦点なら既に発売されていますが、焦点距離が固定されているのはつらいものがあります。

どうせEFマウントへのアタプダーを持ってるのでSIGMAの超望遠買っちゃおうかな~なんて。150-600mmF5-6.3とかいい感じですね。MFT、M4/3は35mm換算が2倍になるので300-1200mmを撮れると考えればちょっとヤバそう(ヤバそう)

暗いのが気になりますが夜は40-150 F2.8がありますし大丈夫でしょう。重いのは…うん、腕力鍛えます(白目)

他にはAFがどうのとか描写力とか気になるところも多いですが、もともとEF用のレンズなので仕方ない所と割り切らないとですね。

OLYMPUSさんがちょっと重くなってもいいから75-300をPROレンズで出してくれれば全部解決するので出してくださいお願いしますなんでも聖蹟桜ヶ丘

 

話がズレましたね。もど下高井戸(しつこい)

 

ばんめし

f:id:u_i_r_o_tk:20171017232434j:plain

高尾駅すぐの洋食店でハンバーグ。美味しかったです。

 

 

 

 

一目惚れした10-300形

f:id:u_i_r_o_tk:20171017230150j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017230204j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017230415j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017230422j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017230443j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171017231105j:plain

山まで登る都営のやべーやつ。TwitterのTLにクソカッコイイ写真が流れ込んできて以来の一目惚れです。

2000年初頭の電車のセンスが好きなんですね私。阪神の9300系と言い、10-300形といい。ずっと撮りたいと思っていた車両な分、実は京王8000系よりもこっちの方が目的だったりします。

山降りる方は撮れたので、次は登る方が撮りたいですね。沿線に出たい感はありますが、朝早くか夜遅くにしかないので迷いどころさん…。

レンタルサイクリングでもあればいいんでしょうが、高尾山で自転車乗る人なんざいないでしょうしダメそうですね。歩きます。健康的!!!!!

 

 

おわり

ずーーーっと撮りたかったのが撮れて満足できました。やっぱり銀色の電車は夜光が当たってギラってなるのがかっこいいですね。すき。

 

途中まで時間軸通りに並べようとしましたが、メインが電車撮る方だったのでどう書こうか悩んだ結果途中で変わる変なことになりました。どれもこれも放置し続けた結果ですね。反省します。

長いこと放置すると人に忘れられるだけでなく自分でも忘れそうになるからアレですね、ヤバいですね。

こんだけ間隔開けても更新続いてるの割と初めてだったりします。飽き性の可能性が微粒子レベルじゃ済まないのに奇跡ですよ奇跡。だったらさっさと更新しろ。します…。

既に行ったのは2ヵ月も前のことですか。って前回1ヵ月前か~~~つってましたね。どんだけ遅いねん。

特に語ることもないので適当に写真まき散らして生存報告と旅行3日目のご挨拶とします。

 

 

では

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20171017235746j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001658j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001715j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002005j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002010j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001709j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002029j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002044j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001749j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001934j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002133j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002346j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002356j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001810j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001851j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001856j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018002244j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20171018001817j:plain

 

 

 

 

 

 

 

東方旅紀 #1

f:id:u_i_r_o_tk:20170928000722j:plain

どうもです。前の前ぐらいに書いた記事がそれとなくシリアスっぽかったので旅紀もそれでと思いましたが、やはり楽しい思い出は楽しい思い出。どうもシリアスには語れず、最後の最後で「!」が並んでしまいました。

夜行列車に乗ると静まり返る夜の街を横目に、一方に上がるテンションを抑える。長いはずの時間なのに、時間なんてあっという間なもんです。

 

5:05 東京
f:id:u_i_r_o_tk:20170928001040j:plain

朝飯をどこで食うのか、午前は何処へ行くのかも決めず、とりあえず丸の内駅舎を見に行きます。

2年前、背伸びして来た街で最初に見た光景。相変わらずですね。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928001348j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928001441j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928001514j:plain

 

丸の内駅舎を見て東横線渋谷駅へ。丸々2年前に通ったルートそのままです。あの時朝飯どうしたんだっけな…

今回はマクドでサクっと済ませ、そそくさと駅へ。

当時は切符だけ買って電車!って感じでしたが、人も少ない時間帯なのでお洒落なサイン類を見て回ります。

こんな洒落たものばっかり見てるから東急の出る動画はお洒落なんが多いんでしょうね…なんて思ってみたり。

1枚目なんてどうです?照明の白、壁や床は基本無彩色を使い、全体的に灰色っぽい?印象を与えてくれます。センスだ。

照明がClock StrikesのMVみたいですね。チカチカしそう。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928002405j:plain

前に来たときは中途半端に晴れていたのでモロ逆光だったりしましたが、今回は絶賛連続雨天更新真っ只中の東京。日の光のローマ字で「ひ」の文字を出すのに使う「H」「I」キーのHキーに指すらおいてないんじゃねぇのってぐらい日が死んでいたので多摩川へ。ここの構図好きなんですよね。うねぇ~って出てきて顔がちょっと倒れてる感じ。わかってくれる人がいるかはわかりませんが一人ぐらいいてほしいな(希望的観測)

この東急の5050だか4000だかなんだか知りませんがとりあえずこの顔してる奴が好きだったので今の機材で撮れて満足です

。流石F2.8、マイクロフォーサーズとはいえボケてくれるので楽しいです。

この後武蔵小杉で東武車来ねぇかな~~~とか待ってみましたが来ず終い。時間すら調べてねぇぞこいつ。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928002951j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928003016j:plain

使っていたのが東急の1dayパスだったので横浜で一旦下車。

元町・中華街。某動画の某パートをパkリスペクトした構図で撮ってみるなど。どうやったらあんな発想が出てくるのか全く理解不能な世界です。頭の中身が見てみたい。

途中でレンガが使われてそれっぽい雰囲気の馬車道で衝動下車したり昔の建物みたいな雰囲気の日本大通りで衝動下車したりしましたがいいですね、みなとみらい線。地下駅なのにどれも個性があって素晴らしいと思います。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928003740j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928003635j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928003637j:plain

前回は行っていなかった田園都市線へ。とりあえず溝の口駅まで乗ってみるなど。いろんな電車が来るのは飽きないのでいいですね。

アッ この被写界深度、「浅い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!

 

 

13:20 我孫子

f:id:u_i_r_o_tk:20170928004150j:plain

溝の口から我孫子までの大移動。これも唐揚げそばを食べるため。

圧倒的唐揚げ。そして2個載せても540エンという破格のお値段。ヤバい。ヤバすぎる。

お店の中が溢れていたので、近くのホームの柱のあたりで食べました。コンディションといい、THE・立ち食いって感じで素晴らしい。関西とは違う濃い出汁もしっかり合う。あーーーー考えるだけで食べに行きたくなるのでダメですね。

 

 

亀有 15:00
f:id:u_i_r_o_tk:20170928004846j:plain

柏でメトロの16000を撮るんだ!と意気込んでいたのはいいものの、やはりながらでぼへーっとしていただけなので睡魔が襲い、起きたら柏どころか綾瀬でした。どうせ18きっぷなので損害もクソも無いわけですが、時間もないのでどこかないかと探したら隣の亀有駅が撮れるでwとのことだったので向かいます。

思ってたより16000率高かった…ってかほとんどこれか小田急の車輛でした。なんてこったい。そんなおらんやろwとか考えてたので予想外。寝過ごしたけどカーブ構図も好きだしいいかなぁとか。これほどまともに撮り鉄のまねごとをするのも久しぶりです。

たしかこのあたりでスマホの充電がお亡くなりになりました。モバイルバッテリーを食いきって。流石に2日コンセント無しはキツかったですね。バッテリーを無限に食うTwitterクライアントAppを使いまくってたってのもありますが。いや控えろよ。

 

 

亀有→北千住→秋葉原

f:id:u_i_r_o_tk:20170928005518j:plain

このままスマホなしでもよかったんですが、ホテルへのルートも時間も調べていなかったのでこれはマズい。どうしよう。そうだ、前来たとき秋葉原マクドで電源食ったな~なんて思い出し、思い付きで予定にもなかったつくばエクスプレスに殴り込みます。圧倒的無計画~~~~って感じだ。しかしまぁ一度は乗ってみたかった路線。その場で計画を立てる無計画な旅もいいもんです。現地で計画立ててるし無計画じゃないからセーフ(?)

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010213j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010224j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010550j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010233j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010245j:plain

""一昔前に""「ぼくのかんがえたさいきょうのみらいのてつどう」って感じですね。いい。とてもよい。なんだよ首都圏新都市鉄道って。いい。とてもよい。

いやほんと、一昔前に考えた最強の未来の鉄道って感じです。全駅ホームドアにちょっとデザイン古めのサイン類、尖った感じの銀の車輛に濃い青と鮮やかな赤が目立つ。

トンネルもそうです。複線ぶち抜きのデカいシールドトンネル。ビルだらけの世界の下にこんな世界が広がっているなんて考えたらワクワクしませんか?

素晴らしい近未来感。元からトンネルすきだったというのもありますが、もっと好きになりました。

いやーーーこれを現地でつぶやけなかったのが非常に惜しい。惜しいです。が、電源が死んでくれたおかげで乗ることにもなったのでうーん…複雑…。

結果的には満足だったのでいいです。今度は地下走ってるとことか撮りたいです。いや素晴らしい。

 

 

18:10 秋葉原末広町

マクドで電源を食いながらさんじのおやつ(17時)をキメたせいで空かぬ腹を減らすため、銀座線を見たかったのもあり末広町駅まで歩きます。秋葉を通ったのに秋葉の写真を撮ってませんでした。何やってんだこいつ。雰囲気としては日本橋でした。あ、『にっぽんばし』の方です。

ふと目に付いたアニメイトで買ったラバストは今でもスマホについています。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928010959j:plain

 

 

ここが世の末広町ってか。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011313j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011344j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011355j:plain

改良工事中ということもあり狭かったり暑かったりしましたがこれはこれでいいですね。なんていうかこう…昭和?レトロとは違うんだよなぁ…なんてんだろ…語彙力が無い…。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011624j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011631j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011636j:plain

一駅進んで神田駅。コンクリむき出しの駅名表を見に行く気だったんですが、これはいいものが見られました。ちょうど絶賛工事進行中だったんですね。

どんどん新しくなっていく様、目まぐるしい変化。もうすき。

 

某超絶最強カッコイイ動画作者氏の作品だよ!まだ見てない人は見ようね!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31123863

www.nicovideo.jp

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928011952j:plain

線が3本でてきたり四角形が変化していきそうな駅も見に行きました。

 

 

20:00 高円寺

最初晩飯は渋谷にするか~wwとか考えていたわけですが、流石ですね。一人で気軽に行けそうな場所なんてばの字もない。それこそ「ば」の「B」「A」のBキーに指が無い。歩き回って見るのはそういう人たちばかりで、迷い込んだ百貨店のレストラン街は桁というか趣と言うか到底一人で行くような場所ではないところばかり。もうなんていうか燃え尽きました。絶望に絶望を重ねた私は文明の利器、スマートフォンで中央線沿線のラーメン屋を探しました。

なんで帰宅ラッシュ真っ只中の中央線を選んだのかはわかりませんが、まぁ無事にたどり着けたのでセーフです。

f:id:u_i_r_o_tk:20170928012602j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928012627j:plain

選んだお店は「麺処 田ぶし」。

まぁ聞いてくれ。とりあえず騙されたと思ってスープを一口飲むんだ。そうだ。それでいい。世界が変わる。そう。世界が、だ。

濃い魚介のスープはまさに『THE・魚』。口の中で魚が泳いでる。そんな感じだ。

語彙力と言うか文章の能力と言うかが絶望的に欠落しているとはいえ、これを正確に表すのは無理なんじゃないかとさえ感じさせられた。これはヤバい。もうほかの魚介スープは物足りなく感じるんじゃないかと思った。衝撃的だった。とにかくヤバいので騙されたと思って一度行ってみてくれ。これはヤバい。

地図も貼っておこう。とりあえずヤバい。なんてダイレクトマーケティング。頼まれてもないけど。頼まれるわけないけど。

 

 

 

20:50 東京

f:id:u_i_r_o_tk:20170928013441j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928013855j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20170928013711j:plain

めちゃくちゃ美味いラーメンを食えてこころまんぞくさんになったので荷物の回収のために東京駅に戻ります。前はKITTEの上から撮ったりもしましたが、なんか微妙だったので今回は下から。まぁ100割%ぐらい40-150mmF2.8を、35換算だと80-300に当たるレンズですぐそこの駅舎を全体で撮ろうという発想自体がアホですね。結局下降りたときは17-70 F2.8-4.0に付け替えてますし。もうこれわっかんねぇな。

 

さて、久しぶりに夜が撮れて満足した私は、そのまま中央線通勤快速高尾行きでホテルを抑えている八王子へ向かいます。向かいま…あれ?

え?確か東京駅戻ってKITTE行って丸の内駅舎撮って中央線で…あれ?

 

「「「荷物、回収して無くね?」」」

 

 

そう。あまりのラーメンの美味さに浮かれ、再び上がりだしたテンションに拍車をかけるように久しぶりの夜撮影。しかも知らない街の。最高値を通り越したテンションは留まることを知らず、頭の中がいつの間にか「荷物を回収するために東京駅へ来た」ではなく「写真を撮るために東京駅へ来た」へとすり替わっていたのです。なんということでしょう。

ふと自分の荷物を確認してよかった。八王子着いてから無かったらもっと悲惨だった。気付いてよかったセーフセーフ。セーフじゃねぇよアウトだよ。

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928014433j:plain

まさか降りることになるとは思ってもいませんでしたが、御茶ノ水駅もいいですね。今度来たときはちゃんと立ち寄りたい。できれば荷物を回収し忘れて折り返すのに降りたなんて馬鹿みたいな理由ではなく。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928014932j:plain

ほんとはホームライナーに乗るか乗らないかで悩んだりもしましたが、ここは名前が既にカッコいい中央特快になりました。っていうかすごいですね、先発の快速系2本も途中で追い抜くなんて。流石特快、花形種別です。

 

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20170928015342j:plain

 

さて、いろんなアクシデントもありましたが無事に八王子へ到着。

荷物の回収忘れが無ければもっと早くに着けたのに何やってんだこいつ。

 

 

おわり

これはいつぞに九州のことを書いたときにも書いた気がしますが、普段見ないもの、写真でしか見たことが無いものを実際に見て、撮ってするのはとても楽しいですね。再認識しました。

東京着→渋谷→我孫子そばは2年前にも通った道とは言え、2年とあれば変化もするものです。それにここは首都東京。渋谷なんかは、当時見なかったビルやらなんやらが立ち目まぐるしい変化とは何かを教えてくれます。

一度行ったことがあるから終わりじゃない。ちょっと期間が空けば変わるもの、変わらないものがある。それを見に、撮りに行こうだなんて考えると時間が無限にあっても足りません。

 

 

そうですね、関係ない話にはなりますが、世の中には橋、鉄橋のさび止めなんかの目的で塗装をすることを専門に行う業者なんかがあります。例えば関西国際空港連絡橋

陸側から塗り直しを初めて、空港島側に着いたらどうすると思いますか?

答えはまた陸側から塗りなおしが始まります。

あれは海の上にあるので潮風も当たります。陸側から塗り始めて島側に着いたら、陸側の塗装がダメになっちゃってるんですね。無限ループです。この橋がある限り、ずっとやらないといけないことなので安定した職と言えます。

 

 

職の話じゃないので話を戻しましょう。この橋に行きたい所とすると、春にAという場所に行って、夏にBという場所に行って、冬にCという場所に行って、また春になったらAと言う場所がどうなったのか気になってまたAという場所に行って…ほら、無限ループだ。

同じ場所でも何度も行けば1度目に気付かなかったものに気付いて、もしかしたら1度目にも2度目にも気付かなかったものに気付いて…なんて始まってしまったら、もうどうしようもありません。

今回もそうでした。2年前、1度目の時は東急渋谷駅の照明になんて目も当ててなかった。目の付け所が変わった、といえば済む話ではありますが、2年の間で目の付け所が変わったおかげで気付けた。そんなこともあると思います。

 

やっぱり楽しいですね。好きなことを好きなだけできる時間と言うのは。

そういう時間が作れるうちに、出来る限り満喫できればと思います。

 

 

では。