#ui_memo

ういめも

旅紀 : 折り返さない旅 #4

どうもです。

 

2月22日 たしか金曜日。

朝、目が覚めたのは9時ごろ。

 寝ぼけた目をこすっていると、声が聞こえました。

「おはようございます、やっと起きられましたか」

 

ふと時計を見ると9時ぐらいを指しています。

6時に起きて朝の兼六園へ行こうと言ったのに、既に3時間以上遅れて起きたことに対する謝罪をすると、「大丈夫です、私も今起きたところなので」と笑って答えてくれました。

既にその綺麗な髪を整え、準備万端な彼女をよそに急いで寝癖を直し、支度と片付けをして部屋を出て、エレベーターで朝食はどうしようなんて話をしながらロビーへ向かい、チェックアウト。

キャリーバッグを転がしながら空いている駅のコインロッカーを探し荷物を入れたら3時間遅れの金沢デートがスタート…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しません。

2/22 Day5 Kanazawa→Osaka

 

 

 

AM10:40 兼六園

_1088791

_1088792

_1088795

_1088802

改めましてどうもです。

叶いもしない夢を見ていたら3時間ほど寝過ごしまして(これはガチ)、朝の雰囲気で最高にいい感じの兼六園の絵をお届けするはずが朝の雰囲気が少し残る兼六園の絵になってしまいました。

今回のこの回りくど折り返さない旅の目的でもあった『白石紬さんコミュ絵聖地巡礼』を果たしていくべく各地を回っていきます。え?初耳?

 

 

 

僕も今はじめて言いました。

 

 

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20190611004638p:plain

_1088798

残念ながら緑がいい感じではなかったので少し寂しくはありますが、おおむね一致していて画面の中に首を突っ込んだ時のようでした。突っ込んだことないけど。ウソです何回か突っ込もうとしてモニター割りました。(これはガチ)(今も割れてる)

 

 

 

_1088805

_1088810

_1088817

_1088818

_1088819

_1088820

_1088823

_1088824

_1088828

_1088832

_1088833

_1088834

_1088835

_1088839

日本海側に位置する石川県は、冬になると結構雪が降るらしく、雪から木々を守るための傘が設置されていました。これ一応2月ですしね

咲き初めの梅の花、緑の絨毯に差し込む光と影のコントラスト、水のせせらぎなど、どこをどう切り取っても絵になる風景はこの場所だけで1日潰せてしまいそうなほどでした。

観光地になっている、と言っても京都の某や某や某ほど人が多いわけではなく、ちょっとわき道に入ったりすると自分以外に人がいなかったりいても2人3人だったりと落ち着いて楽しむことができ、心が癒されました。聞こえる言語日本語でしたし。そこかよ

 

 

 

_1088840

人がいないのはいいですけど飲食店なんかが大丈夫かは心配になります。多分大丈夫でしょうけど。多分。たぶん…。

 

 

 

PM0:57 野町駅

_1088841

_1088843

_1088844

_1088846

_1088847

_1088848

_1088849

_1088845

_1088853

金沢駅の駅そばで昼飯兼朝飯を食べ、バスのフリー乗車券を眺めていたら北陸鉄道の文字があったのでなんとなく行ってみることに。

浅野川線金沢駅にも乗り入れていますが石川線は始発・終点共に街の中、JRとの接続駅も西金沢という微妙な場所で存在感が薄いイメージ。

THE・地方鉄道と言った趣を感じさせてくれる駅ですね。2番線に架線が無いけど。

 

 

 

_1088854

_1088855

_1088856

謎を解き明かすべく反対側へ回ってみます。

カメってかわいいよね

 

 

 

_1088857

_1088858

_1088859

_1088860

_1088861

_1088862

_1088863

遮断棒も無ければちゃんと整備されてもいない踏切、『昔ここに分岐器あったんすよー』と言わんばかりのレールにぶった切られ放置された線路、2線分の架線柱。

 

さっと調べただけではいつ頃休止されたのかわからなかったんですが、定期的に清掃されているのかそんなに目立った"廃止されてる感"は感じませんでした。線路ぶった切られてるけど。

北陸鉄道、調べれば調べるほど廃線が出てきてやべぇ沼ですね。あーーー!!!困ります!!!!事業者様!!!!!!!これ以上こういった沼をおつくりにならないでください!!!!!!!事業者様!!!

 

 

 

_1088864

_1088865

_1088868

_1088869

_1088872

レールに年代書かれてないかなぁとかチラッと見てみたりもしましたが特に見当たらず。あからさまな直線の部分を撮ってみたりしていたら家々をかき分けて電車がやってきました。

『普通』と幕にあるのは昔準急や快速が走っていた名残でしょうか。今では普通しか走っていないそうですが。東急のやつあちこちにいますけどしっかりその地に馴染んでいてびっくりですね。

 

 

 

_1088871

鳥鉄

 

 

 

_1088875

_1088876

_1088877

_1088879

_1088881

_1088884

_1088885

2両の電車が狭そうにホームへ入ります。降りてきた客は数名。乗っていく客も数名。

地方私鉄を感じ大変よろしいのですが、経営大丈夫なんかなとか心配です。心配ばっかしてね?

2番線は3両か4両ぐらい入りそうな感じですね。架線が無くなり線路も分断されてしまってますけど。

『2』の文字と錆びたレールがそこが駅のホームであることを叫んでいるようで…。

 

 

 

_1088887

_1088888

_1088889

誰もこんな道を進んだところに駅があるなんて言われても信じませんよね。

僕も信じませんでした。ちなみに3枚目がバス停のある大きい通りからの写真です。駅見えねぇし。

 

 

 

 

PM1:51 近江町市場

_1088893

近江町市場で魚美味そうだなぁとかチラっと見るだけ見たら…

 

 

 

PM2:16 ひがし茶屋街

_1088959

大本命。

心の綺麗な人には白い髪が綺麗な石川生まれの美少女が見えているはず。

人は多かったですが多すぎるというほどでもなく。

 

ただ一人にはキツい空間でした。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20190701011910p:image

P2258956

どうにかそれっぽくならないかと構図を変えてみたりしましたが「完全に一致」とはいきませんでした。絵にするときある程度弄ってるでしょうし仕方ないんでしょうが、こうやって並べてみると絵のクオリティの高さにビビりますね。

 

 

 

 

PM3:54 にし茶屋街

_1088966

_1088967

_1088968

_1088972

_1088970

 

ひがし茶屋街からにし茶屋街へ。西の方は全然人がいなくてめっちゃ静かでいい所でした。東の方が多すぎるんかな?

「金沢来たし任意のスイーツでも食うか!w」つって殴り込んだ店が女性客しかおらず(なんやこいつ…)みたいな目で見られまくってしんどかったです。

 

 

 

_1088974

_1088975

バス停の液晶がかわいらしいですね

 

 

 

 

PM4:37 ひがし茶屋街

_1088977

P2259005

_1089012

東に帰ってきたらなんか飛んでました。鳶かな?

 

 

 

_1089022

_1089026

_1089029

時間に余裕がありまくりなのでのんびり金箔の蔵のある店で目を付けていたお土産を買い込みます。

いやふら~っと歩いてて見つけたときのインパクトが忘れられず場所どこだったっけってめっちゃうろつきまくりましたが。

アタリつけたんなら場所ぐらい控えろ。これ教訓な

 

 

 

 

 

PM5:23 金沢城公園

_1089032

_1089033

_1089035

_1089036

_1089040

_1089037

_1089043

遮るものが何もない頭上に、絵に描いたような空が広がっています。

写真を撮る手が止まり、しばらく茫然と眺めてしまいました。

 

 

 

 

_1089044

_1089045

_1089046

_1089048

_1089051

陽が沈み、明るさだけが残った空。

もう少し後に来たら桜が咲いていたら綺麗だったろうな、なんて考えてしまいます。

※今日は2/22です。2/22です。いいですね?

 

石垣の置き方と言うのか、種類が違うのが面白いですね

 

 

 

 

 

PM7:18 近江町市場

_1089061

_1089062

_1089066

_1089068

_1089069

夜の近江町市場。こちらも一度訪れてみたかった場所・時間です。

賑やかで明るい雰囲気の昼間とは一転、シャッターが閉まり人もおらず暗い雰囲気。

ポツポツと営業中のお店もありましたが、それはまるで取り残されているようで…。

 

癖で明るく撮ろうとしがちですが、暗く撮ったほうが雰囲気出たかな、とか。

実際は3枚目ぐらいの暗さでした。

 

 

 

 

PM7:25 香林坊

_1089071

_1089076

_1089078

_1089080

金沢の夜の街担当。いわゆる繁華街。なのにしっかりレトロな建物を用意してる。

この街を歩いていて感じたのは、『古』と『新』が上手く混在してるなぁという点でした。

諄くない程度に古い感じがする。でもちゃんと道路とか必要なところは整備されてて新しい。にし茶屋街なんて特にそうで、古い建物があったと思ったら周りは普通の家だったり、『古いもの』には必ず『新しいもの』の時期があるように。

 

晩飯どうしようかなー電車ん中でなんか食うかなーとか考えながら金沢駅行きのバスを待ちます。

 

 

 

PM8:13 金沢駅

_1089090

_1089095

_1089115

_1089117

よくわかんないボロいやつを撮りながら乗車するサンダーバードを待ちます。

っていうかまだ生きてたんですねこのボロいの。てっきり七尾線以外は全滅したものかと思ってました。

 

 

 

PM8:41 金沢駅2番乗り場

_1089119

_1089120

_1089121

_1089122

サンダーバード48号。京都・大阪方面の最終列車。

なんやかんやで北陸へ行ったときの帰りはいつもこれな気がします。

買い込んだおにぎりと唐揚げを広げ、流れる景色を眺めながら、これが止まったら旅が終わってしまうんだなぁとか。ネガティブな感想な気もしますが、終わりは始まりとも言いますし、この旅が終わったら何かが始まるはず。何が始まるのかはわかりませんが、『折り返さない旅』を終えることが自分の中で何か一つの区切りになればいいなぁなんて。

 

 

 

PM11:30 大阪駅

_1089123

_1089124

考えてたら気付いたら大阪でした。多分半分ぐらい意識飛んでた。

意識飛んでただけなので寝てません。

 

 

 

 

 

おわり

_1089125

_1089127

おわりです。

随分と急ぎ気味になってしまいましたが、こいつが急いで記事書いてるときってだいたい翌日からどっか行く時なんですよね。余裕を持て。

 

さて、2月にやった旅の記事をようやく書き終えましたが、こいついっつも書き終わるのに5ヵ月ぐらいかかってねぇか?

本来であれば、先程も書きましたがこの『折り返さない旅』を終えることが自分の中で何か一つの『区切り』になればいいなぁと思っておりました。

5ヵ月経ってみてこの旅が区切りになったかどうかと言われると正直微妙なところです。

「いい思い出になったか」「ずっと記憶に残る旅になったか」と言われれば、そりゃあ楽しかったですしいい思い出になりましたし記憶にも残りました。しかしこの旅で僕が見つけたかったのは、というか求めていたのは『区切りをつけること』でした。

隙自語になりますが、ついこの間から見事社会の波に揉まれる立場になり、この『折り返さない旅』が学生として最後の旅でした。この先こんな風に好きなタイミングでどこかへ行くことができるのか、そもそも社会の波に揉まれることへの不安が大変大きく、この旅をするという趣味にその『区切り』を求めていたのかもしれません。

その後ここで言う『区切り』は別の場所でつけることができましたが、この旅の時には付けることができず仕舞いでした。

 

これらが悪いことだったのか?と言われると、そうではない気がします。

僕が本当に求めていたのは、そんな『区切り』ではなく、この先生きる上で『折り返さない』ようにする。そういった『覚悟』をすることの方だったのかもしれません。

 

今まで渡ってきた橋を落とし、来た岸へ帰れないようにし、向こう岸に向かう。

思い出し振り返りはしても、もう一度そこへ帰りたいと思わないように。後悔をしないように。

 

来た道へは帰れない。この旅の切符のように。

できることは、精一杯楽しむこと。楽しむための手段を選ばないこと。

きっと本心で求めていたのは、こういったことへの気付きや再確認だったのかもしれません。

 

 

 

僕は旅が好きです。

だから今も旅をしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

では

旅紀 : 折り返さない旅 #3

_1088433

どうもです。

なんとなく文字が書きたい気分になりまして、おもむろに続きを書き始めたいと思います。

新型ピカピカのステンレス(?)の電車とバリバリ鋼鉄の国鉄キハが更新されたばかりの駅で対面乗り換え…。

新潟の新しい時代の到来を感じつつ、日本海沿いを西へ向かいます。

 

この日は2月21日。旅の日程にして3日目になります。

 

 

 

2/21 Day4 Niigata→Kashiwazaki→Joetsumyoko→Toyama→Kanazawa

 

 

 

早速何をやっているんだ。

 

 

 

 

本来の旅程では乗る予定だった電を見送り、てくてくホームへ上がります。

毎回一回は絶対寝坊してる気がする。おい

 

 

 

AM7:42 Niigata Sta.

_1088438

_1088448

普通に朝ラッシュに乗り合わせ、キャリーバッグで殴り込んだことに若干申し訳ない気持ちを抱きつつ、列車は西へ向かいます。

新潟の学生、電車の中で教科書とかノートとか参考書とか開いて勉強してるのすごいなぁと思ってましたが、よくよく考えれば学年末考査とかセンター試験とかそんな時期でしたね。

いろんな制服であふれていた車内も内野とか内野西が丘のあたりから閑散とし、窓の外を流れる朝の雰囲気を堪能します。

 

知らない場所で知らない駅名を聞きながら知らない土地の景色を眺めつつ食べる朝飯、贅沢にもほどがある。

 

 

 

AM8:37 Yoshida Sta.

_1088452

_1088457

_1088459

毎回一回は絶対やる恒例の寝坊を若干後悔しつつ、旅程を書き直してたら吉田駅へ到着。

3分遅れていたのでのんびりしている暇は無く、乗り換えが済むとそそくさと出発していきます。

 

 

 

_1088461

_1088468

⇩あつい!

 

 

 

AM9:48 Kashiwazaki Sta.

_1088475

_1088470

_1088472

_1088471

 

_1088476

_1088477

_1088478

_1088481

柏崎駅

雨が降ってきました。

⇧あつい!

 

 

 

 

 

_1088482

_1088485

_1088486

_1088488

_1088489

_1088490

_1088492

_1088493

_1088495

_1088496

_1088498

_1088502

_1088509

_1088511

_1088513

_1088514

_1088516

_1088517

_1088519

_1088521

_1088524

写真がずらずらと並んでしまいましたね。

パン下げされて留置される最新車両、隣で佇む3両の古参。

周りよりも明らかに高い高さのホテル。

似つかわしくない長さのホーム。

長い跨線橋にホームの無い線路。

擦れて消えそうな乗車位置に「車内販売はありません」の文字と過去のものとなった"名前"。

 

 

 

正直、この駅ではただ乗り換えをするだけで、それ以外に何の目的も無かったんですが、降りてちょっと回ってみると乗り換えしてる場合ではありませんでした。

なんですか?これ。

 

 

 

雨が降ったのはどうしてなんでしょう。

そんなことを考えてしまいます。 

 

 

 

 

 

AM10:41 Omigawa Sta.

 

_1088526

_1088530

_1088533

「柏崎で時間あるんだけどどうしよー!」って言ってたら青い鳥を介して「青海川」というワードが飛んできたので行ってみました。

 

 

 

P2258553

海~~~~~~~~!!

駅~~~~~~~~!!!!

神~~~~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

 

_1088540

_1088542

_1088556

雨、曇りの分の点を差し引いて…う~ん………満点!w

こいつ毎回海が近い駅行ってない?と思われそうですが、大丈夫です。合ってます。

 

 

 

_1088560

_1088561

_1088564

_1088567

_1088570

_1088574

_1088577

_1088578どことなく北舟岡に似た雰囲気を感じますが、あちらと違って架線はあって電車が走ってますし、なんならE129で結構新しいですし、日本海特有の荒々しさがあって似てるけど全然違う感じでした。最高ですね。

雨降ってたし風めっちゃ強かったりでしたがいいですね。

 

 

 

_1088579

_1088581

_1088590

海と反対側を見るとすぐ崖でした。赤い橋が映えますね

…晴れてればきっと。

 

 

 

_1088595

_1088580

_1088586

_1088587

日本海の荒々しさは映えますね。

海岸が汚いのはこの際目をつむりましょう

 

 

 

_1088599

電車が来ました。もう少しのんびりしていたかったんですが、本来の行程ならスルーしていた場所だったので訪れられただけでも良しとしましょう。

 

 

PM0:27 Joetsumyoko Sta.

_1088604

_1088605

_1088607

_1088606

柏崎3分乗り換えをこなしゆっくり写真を撮る間もないまま上越妙高へ。

下旬とはいえ2月ともあってしっかり雪ですね。

窓から見える白と黒のコントラストが目に留まってしまい、しばらく足も止まってしまいました。

 

いつだかから過去のものとなった赤い白鷹に思いを馳せながら…。

 

 

 

_1088608

_1088609

_1088611

_1088613

_1088612

はくたかで富山へ向かいます。

ここも乗り換え時間短くてしんどかったなぁ…。

 

 

 

_1088616

北陸~!って感じの山々を眺めていたら

 

 

 

PM1:16 Toyama Sta.

_1088620

_1088623

_1088618

 

_1088621

_1088625

_1088626

富山駅。前はガッツリ雪で真っ白だったのでちょっと新鮮。

 

AMAZING TOYAMA

 

 

 

_1088629

西町大喜 富山駅前店にてブラックラーメンを。

「にしまち」じゃないぞ、「にしちょう」だぞ

 

ごはんにコショウの効いたスープが合います。

本当は富山で4時間ほど余裕を取っていたんですが、朝寝坊を決め込んだせいで時間調整のため1時間ほどに。代わりに当初の予定通りに戻れたのでセーフですがまぁ最初っから寝坊すんなって話ですね。てへ

 

 

 

_1088631

雨が降ってきました。

 

 

 

_1088632

変な切符を駅員さんに見せてドンの引きをされたのち金沢まで向かいます。

 

 

 

PM 2:41 Kanazawa Sta.

_1088633

_1088634

ようこそ金沢へ。

個人的には京都よりも『和の街』ってイメージがあります。なんでだろう

 

金沢と和菓子。実質白石紬さんと僕?

 

 

 

_1088635

_1088636

30分ほどで駅近のホテルへ大きい荷物を放り込みに向かったのですが、ここで一人旅始めて初めてどころか生まれて初めて「保護者の方に確認させていただいてよろしいですか?」を発動され(しかも普段結構利用してるホテル)(なんなら八王子で使った)、無駄に時間を削られ金沢駅でゆっくりする計画がおじゃんに。そんなに怪しく見えたのか

まぁ向こうも仕事だから仕方ないのか…でもまぁよりにもよって時間がないときに…

 

 

 

PM4:15 Unoke Sta.

_1088637

_1088638

_1088639

「反対列車遅れております…」

 

オタク、余裕ができたら外に出て写真撮りがち

 

でもなんかあまりにも長すぎやせんか。

 

 

 

 

誰の許可得て遅れとんねん

 

車掌さん含め乗務員が状況をつかめてない感じだったあたりダメですね

線路異常で補修担当者が補修中とか言われましたが、ここは宗谷本線ですか?

 

 

_1088641

_1088643

_1088645

しばらく動かなさそうだったので適当に撮り回ります。ドアノブとドアボタンが共存してるのいいですよね

 

 

 

 

 

JR西の客に対する情提供速度の遅さどころか社員の情報連携の無さに呆れてたら発車しました。七尾駅で30分の時間を取ってバスに乗り換えだったのに25分遅れで温泉が危うくなっています。

 

 

ツイートはっとけばいいってもんじゃねぇぞ。ごめんて

 

 

 

PM5:28 Nanao Sta. +25min

_1088646

七尾に着いたらこの1枚だけ撮ってバスターミナルへ走ります。

バス停で迷って見つけて駆けてったらドア閉められる3秒前って感じでした。

 

 

 

PM5:52 Wakura Onsen

_1088647

_1088649

バスに揺られること30分ほど。能登半島和倉温泉に到着です。

ここでレッツ温泉タイムも電車に遅れられバスに乗れなかったら諦めるところでした。

のと鉄道和倉温泉駅まで行くのも手だったんですが、七尾駅からバスが出てるし運賃あんま変わんなさそうだったのでこちらのルートに。というのは冗談で、七尾線のと鉄道の接続があってないようなものだったのでバスの方が便利だなってなったのが本音です

どうせそのうち和倉温泉行きのサンダバにでも乗ってくるだろうということで和倉温泉駅はお預けです。総湯は入るけどな!w

 

 

 

_1088650

_1088652

_1088653

_1088656

_1088657

_1088659

最近リニューアルが終わったらしい"和倉温泉 総湯"。

あからさまに古い銭湯なんかも嫌いではないんですが、こういうTHE・新築な和風建築物が大好きな人間にとってはこれは刺さりますね。

木とガラスを上手く使った綺麗な建物です。

 

 

 

しばらく温泉に浸かります。

気付いたら50分溶けてました。やべぇ

 

 

 

組み合わせてはいけない二つを組み合わせてしまい尚更時間が溶ける羽目に。

決死の思いで根の這った尻を持ち上げ外に出ます。寒い

 

 

 

_1088660

_1088664

_1088670

_1088669

_1088673

_1088675

_1088676

_1088678

星が見えたので撮ったら総湯が爆発したり、人の気配のしない温泉街を撮ってみたり、終バスに乗ってみたり。観光地と言えどこの時間はみんな宿で飯食ったり温泉入ったりしてますわな。

温泉自体も人少なかったですし、大変のんびりできました。

こういうデートに使えそうなスポットのストックは増えていくのにデートする相手のストックは0から1にならないんですよね。やめようこの話悲しくなってくる

 

 

 

_1088683

_1088684

七尾駅へ向かうバスの中で「これ金沢戻って開いてる飯屋あるか?」という発想に至り、予定していた電車を一本ずらして飯を食うことにします。

まぁ七尾でも開いてる飯屋あるんかって時間だったんですけどね

 

 

 

_1088685

晩飯にミスドでドーナツは初めてでした。

この旅行の最中、常に「脳味噌で考えれる食べられる量」と「実際に胃に入る量」に差があり過ぎてドーナツ3ついけるやろ!つって3つ取ったのに2つで十分キツく3つもいらねぇなってなりました。そもそも晩飯にミスドって頭悪くね?

 

 

 

…いうな

 

 

 

PM8:57 Nanao Sta.

_1088692

_1088688

_1088687

_1088696

_1088697

_1088709

_1088714

_1088716

_1088717

_1088743

_1088718

 

七尾駅

余裕が無くて全然でしたがこの駅も結構いい感じですね。

というかこの手の駅、夜になったらだいたいいい感じになる説

 

電車まで時間があるので、と駅構内をフラついてたら

 

 

 

_1088735

こんなものがありました。

 

 

 

_1088731

_1088734

_1088738

_1088739

上手いこと前にドアがあればよかったんでしょうが、そんな都合のいいことはなく…。

あきらめてそれっぽい感じにならないかなぁと試行錯誤していたら発車してしまいました。

雷鳥は2011年に廃止なので8年近く残っていることになりますね。

とはいっても『臨時 雷鳥7号』が最期に走った年代まで特定はできなかったので、この乗車位置に最期にお客さんが並んでいたのはもっと前かもしれませんね…。

過ぎていく時間にかき消されてしまう前にみることができてラッキーだったかもしれませんね。

 

 

 

PM11:00 Kanazawa Sta.

_1088754

_1088755

_1088757

_1088760

_1088762

_1088765

_1088766

_1088768

_1088769

金沢駅。前に改札を出たのはいつだったでしょう。

富山へ行く際なんかに乗り換えで使うことはありましたが、ここへ来るのを目的として訪れたのはもう5年も前でした。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20190606213413j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20190606213444j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20190606213502j:plain

f:id:u_i_r_o_tk:20190606213518j:plain

まさかこんな写真が貴重になるとは当時の自分は欠片も考えていないでしょうね。

赤い681・683、『特急 はくたか』『特急 北越』にサンダーバードしらさぎの富山行き。今の機材をもってタイムリープできるのであればこのぐらいの年代がいいですね。

しかしながら過ぎ去った時間を撒き戻すことはできませんし、タイムリープできるわけでもありません。

 

今の自分にできることは、『今』を撮ること。

 

これは常に考えるようにしています。

将来後悔しないように。将来後悔しても「まぁよかったかな」と思えるように。

当たり前のことなんですけどね。

 

 

 

_1088770

_1088771

_1088778

_1088783

_1088784

_1088777

話がそれてしまいましたね。2001年に北鉄金沢駅と共に『第三回中部の駅百選』に選定され、2011年にアメリカの『Travel + Leisure(ウェブ版)』の『世界で最も美しい駅』の一つに選定されたJR金沢駅

どこをどう撮っても絵になるこの駅は本当に素晴らしいと思います。

近代と和のコラボで弱いわけがないんですけどね。強すぎる(語彙)

 

 

 

おわり

_1088787

宿は反対側でした。てへ

 

おわりです。

久しぶりに書くと書き方を忘れてしまいますねって話、毎回毎回書いてる気がしますね。

翌日は金沢観光して終わったのでその写真と『折り返さない旅』についてちょっと語って終わりだと思います。いつになるかは未定。予定は未定。はやくしろ

 

この日は新潟を出て予想外のところからストレートパンチ喰らって悶えつつ海に近い駅で絶叫してラーメンに舌鼓を打ち温泉で星を眺めながらぼーっとする贅沢をしてきたわけですが、ってこうやって書くとめっちゃ近場で終わってそうですがめちゃめちゃ雑に測っただけでも415km近く移動してるんですよね。朝には新潟にいて昼飯富山で食って夜は和倉温泉で星見て宿は金沢。あれ?415kmって大したことないな

新潟は一度行ってみたかったですし、寝坊したおかげで青海川へ行くという選択肢ができました。まぁ早く起きてれば青海川で時間取りつつ富山でのんびりなんてこともできたのかもしれませんが。誰にも迷惑かかってないのでセーフ(?)

 

ツイートを貼り過ぎかなと思いましたが、旅行中のツイートってその場で思った・感じたことをそのまま流しているのでその時感じたこと・考えてたことがぱっとわかるので便利なんですよね。セルフ下書き。だからといって使いすぎるな

写真も貼り過ぎたかなぁ…って思いますけどまぁいいでしょう。結局自分の書く下手な文字より写真の方が伝わりやすいかなぁというか、語彙力が無くていくら文字だけ書いても伝わんねぇ!って思うことがあるんですよね。特に青海川のあたりとか。めっちゃ文字少ないですけどあれの100000倍ぐらいのこと書きたいんですよね。まぁ中身が無いので全カットですが。写真の中身が濃いのかって話になりそうなんですけど、まぁ文字よりはマシかな程度なんで…。

文字だけで物語を創造できる人とか、1枚だけ出されてもその場の雰囲気が分かるような写真撮れる人とか何食って生活してるんでしょうね。ペン?カメラ?

 

書かなさ過ぎて〆方も忘れてしまいましたね。それではまた

 

 

 

 

 

では

雑記 : (無題)

どうもです。

『折り返さない旅』の続きを書くわけでもなく、つい先日行った長野のことを書くわけでもなく、おもむろにキーボードをたたき始めたのは何故でしょう。知らねぇよ

 

何を突然にと思われそうですが、実はこの前の3月より見事社会の波に揉まれる立場になりまして3ヵ月ほどが経過しました。

やれマナーがどうだの学生気分がどうだの学生と社会人の違いだのいろいろありましたが、学生と社会人の違いって結局『社会人として見られること』だと思うんですよね。

責任が~とか周りからの目が~とかいろいろありますが、それって結局学生としてではなく社会人として見られているというだけの話なんだなぁと。当たり前の話ですね。

 

正直なところ、社会人になるってもっとこう…心意気が変わったり環境が変わったりするのかなぁと思っていたんですが、実際蓋を開けてみれば学生時代と大して変わらない思想と発言、することが勉強から仕事に変わった程度でこれといった変化も無く、「あぁ今自分は社会人として働いているんだ」と言った気が欠片もしないのです。

これが普通のことなのか、僕がおかしいだけなのかはわかりませんが、未だに宙に浮いたような感覚。地面に足を付けたいと思っても付けられない。こんな状況で残りの人生のほとんどを過ごすのかと思うと不安で仕方がない、というより怖くて仕方がないのです。

 

仕事始まって疲れてきたしそろそろリフレッシュしたいなと長野へ行ってみたりもしましたが、どうにも生きている心地がしないというか、旅して楽しい!と思っている自分を受け入れられない自分がいるというか、現実味が無いように感じてしまうのです。

昔からやりたかった仕事をできている、行きたいと思っていた場所へ実際に行ける、といった考えていたことができるってこんな気分だったのかなぁと。

楽しくないわけではなく、なんなら楽しくて仕方がないので尚更疑問なんですよね。

ちょっと前までの北海道やらなんやら行っていたころと全く違う感情・感覚を覚えるようになり、そこに必ず"宙に浮いたような感覚"が存在してるのは何故なんでしょう。

何を言ってるんだこいつはと思ったそこのあなた、僕もそう思うので大丈夫です。

 

 

とりあえず今は自分に与えられた仕事をしつつ、適度にどっか行ってできればいいかなぁと思っていますが、正直このままオワるのも嫌だから変わりたいと思っている自分もいて、焦燥感に襲われてどうしようもなくなっています。

仕事してるときは仕事しないといけないのでこんな変なこと考えたりはしないんですが、いざ休みの日となったら「え?これでいいの?」とか「え?休んでていいの?」とか、変わりたい自分さんが焦らせてくるせいで全く休んでる気がしません。

周りはもっと楽しそうなのにどうして自分は~とか、そんなどうしようもない気持ちに焦らされ…って遅れに遅れた中二病みたいですね。

 

やりたくなかったこと・そうでもないことをするより圧倒的にいいはずなのにどこか穴が開いた様な感じのまま毎日を過ごし、ここ最近それが大きく・ひどくなり始めた気がしまして、リアルでそんな愚痴を言うわけにもいかず、ここで吐き出そうと思ったのがおもむろにキーボードをたたき始めた訳なのかなぁと。自分でもわかっちゃいない。

文字として起こすことで客観的に見ることができるようになるのでもしかしたら解決するかもと浅はかな期待があったのかなぁ。残念ながらこれを書いている今はできませんでしたが。

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

私は旅が好きだ

私は旅が好きだ。

何日も、何ヶ月も前からどこへ行くのか、そこはどんな場所なのかを考えながら荷造りをする。

家を出る前から旅は始まっている。

そんな旅が好きだ。

 

 

 

私は旅が好きだ。

それは衝動的に、欲に駆られて家を飛び出したものかもしれない。

ふと思いついたところへ行く。予定なんてない。

家に篭もっている予定だった日が突然旅の日に変わる瞬間。

当てずっぽうに来た電車に乗り、ふと思いついたところへ行く。

そんな旅が好きだ。

 

 

 

私は旅が好きだ。

その地の日常に触れる。そんな非日常。

いつぞに上げた絵にそんなことを書いた気がするがまさにその通りだ。

その地が普段通りの日常でも、その地に触れている自分は日常とはかけ離れた、非日常な旅をしている。

そんな旅が好きだ。

 

 

 

私は旅が好きだ。

いつになっても昨日の事のように思い出せる。そんな旅がしたい。

このブログで何度と書いた文言だが、常に考えていることだ。

楽しかった思い出はいつまでも忘れることは無い。

旅が好きなのは、それが自分にとって楽しいと思えることだからであり、過ぎた後でも楽しかった思い出として記憶に残るからだろう。

 

 

 

 

私は旅が好きだ。

多くの故人は人生を旅に喩えた。

もし今の自分の人生を旅とするならば、それはどんな旅なんだろう。

 

家を出る前から始まっている旅なのか。

ふと思いついたところへ行く旅なのか。

 

もしいつかこの旅の思い出を考える時に思い出す『楽しかった思い出』とは一体どんなことなんだろう。

この旅は自分にとって楽しい旅なのだろうか。

 

 

 

楽しかった思い出はいつまでも忘れないものだ。

それが多ければ多いほどそれはよい旅だ。

この旅の途中にこの旅で楽しかった思い出を考えるよりは、この旅が終わったあとにたくさんの楽しかった思い出を作れるように、今は旅を楽しむべきだろう。

 

 

私は旅が好きだ。

旅にはいろいろな種類があるが、どれも楽しいからだ。

行きたいところを上げて行程を組みまだ知らない地に想いを馳せながら荷造りをする旅も、欲に駆られて家を飛び出す旅も、どれも違った楽しさがある。

 

 

 

願わくば、旅が終わったあとに昨日の事のように思い出せる思い出が沢山あるような、そんな旅がしたい。

私は旅が好きだ。だから今も旅をしているのかもしれない。

旅紀 : 折り返さない旅 #2

_1087811

どうもです。

ほとんどスライドショーで旅も全くしてなかった1.5とは打って変わって今回からちゃんと旅したいと思います。時間軸的には2/20の昼ぐらいです。都営車の京八行き撮った後ぐらい。

 

 

2/20 Day3 Tokyo→Nigata  AM11:18 Tokyo Sta.

_1087794

_1087795

_1087797

_1087798

ダイヤ改正で消えたらしい中央・青梅ライナー。乗ったことも無ければ見たこともありませんがまぁ記念にと撮ってみます。国鉄のやつって随分前に引退してなかったっけ

 

 

 

_1087800

本当はとき319号で新潟までのつもりだったんですが、次がとき321号がMAXだと知り欲が出てしまいました。こういうのよくない。1時間遅れ。

 

 

 

_1087808

_1087811

特にこれと言ってやることも無かったので、何も考えずにキャリーバッグ引きずって京葉線ホームに行ってみたり如何にも駅構内だから金取りますみたいな店で昼飯を食ったりなど。京葉線ホームはキャリーバッグ引きずりながら行くところではないし、駅構内だから金取りますみたいな店で飯を食うと金が飛ぶ。これマメな。美味かったけど。

 

 

 

_1087815

_1087817

_1087820

_1087833

衝撃のいわゆる120mmきっぷを駅員さんに見せ、物珍しそうに通されてホームへ。やめろ、僕だって好きでこの長さの券を出したわけじゃないんだ。ただ大阪から金沢へ行くのに新潟経由にしたらこうなったんだ。僕は悪くない。

越後湯沢のあたりまで1階席でのんびり音楽でも聞きながら足りない睡眠を補い、長岡のあたりから2階席の見物とか車販用のエレベーターなんてあるんだなんて感心しながら新潟へ向かいます。1階席は景色は見れないけどリクライニングがあったり2+3だったりだけど2階席は問答無用の3+3に肘掛無しリクライニング無しで差を埋めてるのが面白いなぁと感じたり。景色見れる代わりに座席のグレードを下げるか景色を犠牲に快適性を取るか。性格が出そうですね。まぁ上越国境とかがあるせいでほとんどトンネルなので景色はどうなん?って感じですが。

 

 

 

PM2:49 Nigata Sta.

_1087836

_1087838

_1087841

_1087843

全く意識してませんでしたがE4系も引退がほのめかされてましたね。2階建て16両編成の輸送力の暴力が消える日も近いのでしょうか。小さい頃から知っていて実際に見てみたかったものに乗れ・見れたのは良かったですが、消えると聞くと時の流れを感じてしまって悲しくなりますね。本当にこの人生でよかったのだろうか。

 

 

 

_1087853

_1087856

_1087857

_1087859

_1087860

_1087862

新幹線の新潟駅ホームはTHE・地方の主要駅のイメージをそのまま具現化したような感じでした。高架化工事も進み、もともとホームのあった場所は更地になり新しく高架のホームが築かれるらしいですね。地上駅時代に来てみたかったのでは?と言われればその通りですねとしか言えませんが、如何せん興味を持つのが遅すぎたというもの。そういうこともある。過去の絵に思いを馳せるのもいいですが、こうして時代の境目を迎えている地を絵にするのもまた一興なのではないでしょうか。

 

 

_1087864

_1087865

_1087866

_1087867

ホテルに荷物をぶち込もうとしたらもうチェックインできると言われチェックインし荷物を部屋に放り込み、まだ地上のホームを見物に。どこかで見たことのあるような床とプレハブの壁がここが昔ホームであったと言っているようで、やっぱり来るのが遅すぎたのかなとちょっと後悔してみたり。人の考えはコロコロ変わるものだからセーフ(?)

 

 

 

PM3:15 Hakusan Sta.

_1087870

_1087872

_1087875

いい感じの鉄橋があるといううわさを聞きつけ白山へ。学校帰りの学生が改札前にたむろしているのと今の自分の状況を見て少し懐かしくなったり。終わりというものは必ず訪れるもので、終わりが来れば必ず何かが始まるんだなぁ

 

 

 

P2257923

P2258035

_1088010

_1088031

何本か待ったら国鉄車が来ると聞いて向かってみたらクソ寒いわ雨は降るわクソ寒いわ風は強いわクソ寒いわで散々でした。クソ寒い。

どれぐらい寒かったかって言うと3月上旬の-6°の朝の旭川が可愛く思えてくるレベルでクソ寒い。

 

 

 

PM5:45 Nigata Sta.

_1088039

_1088041

_10880432月なのでまだ日が沈むのが早く、18時前には既に真っ暗に。

特に何も考えず8・9番線ホームへ行ったら快速が入ってきたから撮ったのはいいんですが隣の普通の方が長いんだけどこれは何。

高架ホームに着いた電車から乗り換えの客が流れてきたりで賑わいを見せた地上ホームももう少しで消えるんだなぁという反面、高架化が終了し周辺の再開発も終わった後は『THE・地方の主要駅のイメージをそのまま具現化したような感じ』から『新しい主要駅のイメージをそのまま具現化したような感じ』に変化することも考えると、この高架化工事はきっと""これまでの新潟""と""これからの新潟""の間の大きな節目になるのではないでしょうか。知らんけど。

 

_1088078

_1088079

_1088081

_1088086

列車がすべて出て行った後のホームは、先ほどまでの賑わいが嘘のような静かさでした。賑やかさが無くなったホームからは、ひっそりと最期を迎える感じがして物悲しい気持ちにさせられてしまいました。

 

 

 

_1088089

晩飯は駅からちょっと歩いたところでソースカツ丼

最近脳が考える食べられる量と実際に胃袋に入る量にギャップが生まれてきてしまって大変です。どうでもいいけど隣のJKが可愛かった。てか新潟レベル高くね?

 

しっかりと地図も貼っていくスタイル。 

 

 

 

PM8:24 Niigata Sta.

_1088121

_1088122

_1088123

_1088125

_1088126

このキハ40だか47だか知りませんが車両、塗装がめっちゃ好きで前々から撮りたかったうちの一つ。東北とかそっちの方のキハ40だか47だかなんだか知りませんが車両の塗装が全体的に好きなので撮りに行きたいですね。

隣の2番線から線路挟んで撮るか~wつったら

 

_1088128

なんか来たんですけど………。

 

 

 

_1088129

なんかオタク湧いてるなと思ったらこういうことだったんですね。検測車に興味が無いのでただただ撮りたいものを邪魔してくるだけの害でしかないわけですが。しっかりハイビ決められて無事死亡。絶対に許さない。

 

 

 

_1088134

P2258148

よくわかんないスナップのようななにかを撮ってみたり、構図もへったくれも無い闇鉄のような何かをしてみたり。ちなみに一番いい感じだったところはピン甘でした。泣きっ面にハチ。

 

 

 

_1088154

_1088166

_1088247

キムワイプとか言われてる奴とかいなほ🌾とか撮ってたらいい感じの時間になったので撤収。明日も早いしね、仕方ないね。

 

 

 

_1088253

_1088259

_1088268

なんでか目についた越後湯沢止まりの最終と、新潟と言ったら酒だよね!ってことでボカして入れてみたりしましたがなんのこっちゃって感じですね。もうちょっと上手く切りたかった。

写真も撮らないと鈍りますね。

 

 

 

_1088272

_1088274

_1088275

_1088291

どうせだしフラフラしてみるかと新潟駅。栄えてる方。ホテルに荷物がどうののところで上げてた写真の方の夜バージョン。ここの連絡通路も途中でぶった切られ、いかにも仮設な通路へとつながっていました。節目の狭間と言うのはこういったことをいうのでしょうか。

 

 

 

_1088280

_1088282

_1088301

_1088306

_1088317

_1088327

_1088328

_1088299

こちらも再開発でなくなるらしい万代口バスターミナル。 万代シティバスセンターかなんかがエモいよフォトジェニックだよって話は聞いていたんですが、流石にこの時間からバス乗って移動するのもめんどいなってなったので新潟駅のだけ見物します。

このバスターミナル、ほかのバスターミナルと違って

 

 

 

_1088334

_1088338

バックで突っ込んでくるんですよね。ゴリ押しかよ。

これが同時に何台も来て同時に何台も出て行ってを繰り返すもんですから飽きが来なくて時間が溶ける。できるだけ写真でバックで入ってきてる感を出そうと頑張りましたがこの2枚が限界でした。バック用のライト(名前知らん)がついてるあたりから察して(察して)

 

_1088352

_1088360

あとはなんかカッコいい奴とか。フルカラー幕見やすいのでどんどん導入してほしい。

 

 

 

おわり

おわりです。どうでもいいですが関東で京王とか撮ってた時はオタクと一緒だったりであんまり一人旅感なかったんですが、東京駅出た瞬間から一人旅感出てきて違った楽しさを感じたのを覚えています。最近の新刊出てほしいマンガランキングダントツ上位のゆるキャンでも同じような話がありましたが、一人旅と二人以上の旅は違った楽しさがあるわけですね。ワイワイ楽しくなのか、寂しさまですべて含めて『愉しさ』なのか。

 

 

 

そういえば全く話変わりますけど明後日に新しい元号が発表されますね。4月と言えば進級進学や入社に異動昇進など節目となるイベントがたくさんありますね。

僕はこの記事の中で新潟駅の高架化工事を『これまでの新潟』と『これからの新潟』の間の大きな節目になるのではと書きました。終わりが来れば始まりがあるとも書きました。

地上駅での新潟駅が『これまでの新潟』なのだとすれば、『これからの新潟』は高架になった新潟駅ということになります。さて、それは「じゃあ明日から新しい新潟にしよう!とりあえず新潟駅を高架にしよう!これからの新潟だ!」とポンと変えることはできるのでしょうか。

 

答えは当たり前のようにNO。地上駅から高架駅にするには予算の確保、計画の立案、土地の確保から始まり様々な手順を追って進められます。高架駅である『これからの新潟』を創るためにはたくさんの準備が必要なわけです。もちろんそれを実行することも大切ですが今回は置いておきましょう。

 

さて、話を最初に戻して新しい元号の話。これも昨日今日決定して明日発表ね!明日から新元号ね!で済む話なのでしょうか。これも裏にはたくさんの準備があるはずです。

では進級進学は?入社や異動は?そこに至るまで本人が意識してない間にもそこへ向かっての『準備』がされているのではないでしょうか。例えば進級ならしっかり点は取れているのか、入学なら入試に合格したとか、異動なら実績を積んだとか、入社なら試験や面接など。それも辿っていけばその日頃のテストや態度の積み重ねや入試に通るための勉強、面接の練習や経験、重ねてきた業績などが出てくるわけです。

 

 

 

よく話をするときは結論から言えと言いますが、全く持って結論が見えない話の振り方でしたね。

要するに節目と言うのは沢山の準備・積み重ねが生んだ結果であり、それがあってこそ節目を越えられるのではないかということです。あくまで持論ですが。

人生は一度きり。まるで伸びていく竹のようですね。節があり、そこに至るための稈がある。自らの意志で縮むことはできないし、生きていこうと思えば伸びるのを止めることもできない。もちろん竹と違って中身がぎっしりな人もいるので、その点に限って言えば適切な表現かどうかは疑問を呈しそうですが。そんな細かいことを突っ込んでるようじゃ嫌われるぞオタク君

 

この旅の記事のタイトルを決めるとき、自分の置かれている状況が状況だったこともあって迷ったところがあります。アホなのですぐ人生と重ねてしまう。

もちろん自らの意志で大阪発東京新潟経由金沢行きで計画して切符を出したんですが、上の話と合わせるとわかってくれるひともいるかも。

 

自分で決めた経路。途中下車は出来ても、戻ることはできない。

折り返さない旅。本当は、折り返せない旅なのかもしれません。

 

 

 

 

 

では

旅紀 : 折り返さない旅 #1.5

P2156590

どうもです。

正直この記事書くか迷いました。なんにせ2日と半日ほど京王撮ってただけだったのでブログに書くほどでもないかなぁなんて。タイトル詐欺じゃね?

 

 

 

_1086613

_1086638

_1086675

_1086720

_1086729

ほんとは写真だけバーっと上げて書きたいことだけ書いて終わり!w次!wってしようと考えていた時期が私にもあったんですが、ところでこの写真ヤバくないですか?

僕はヤバいと思います。京王線聖蹟桜ヶ丘~中河原間なんですけどね

 

 

 

2/18 Keio Line

P2156907_1086928

この日はたしか朝4時とかに起きて5時ぐらいの電車乗って毎度お馴染みS.YU君と中河原駅で落ち合って多摩川へ。霧出てたらいいね~なんて言ってたらマジで霧出てて舞を踊ってたのが上の写真です。下は出かけようとした日が曇り率10000%の自分にしては珍しく雲一つない快晴を見て思わず超広角で撮ってしまった絵です。クソミでやったら映えそう?

 

 

 

_1086958

_1086964

_1086976

京王のオタクを追加配備して腹減ったし麺行くかと富士見ヶ丘へ行ったらなんかいました。お前は何。

 

 

 

つけ麺ラーメンおおくぼ、オススメです。魚介系。

 

 

 

_1087003

_1087006

_1087008

_1087010

そこらへんうろちょろして気付いたら日没の時間になったので北野へ。何故。

7424+7807の6Rが高尾線普通と聞いて待ってたら来ました。7両目のステッカーがあるのに6両目がいなかったり、10両目と書いてるのに11両目がいたりなかなか面白いことになってました。

 

 

 

_1087026

P2157111

P2157129

陽が沈んでしまった高尾へ。真っ暗でも室内灯の光とかで結構明るくなっていい感じ。

こうしてみると車両って結構明るいんだなぁっておもいました(こなみ)

 

 

 

3/19 Keio Line

_1087213

_1087237

_1087242

2/22のダイヤ改正で消えた都営車の京王八王子行きを北野~京八で。こういう時曇ってくれるとありがたいですね、ド逆光になっちゃうので。

1/60でやっと止まる運番LEDを止めるために流し撮りにしないといけないのがつらい。運番切るなら1/125でいいんですけどね。同じ10-300でも1・2次車なら1/400で止まるし京王車のLEDでも1/400で止まるのに本気出してないのはお前だけだぞマトタヌキ

 

 

 

P2157496

P2157498

_1087524

P2157682

P2157665

P2157684

時間は一気に飛んで夜の時間。昼は動画撮りメインだったので割愛。

高幡不動かなんかで1stHM付いたって情報が青い鳥によってもたらされ、都合よくライナー入んねぇかなぁ~wとか言ってたら入ってくれたので追いかけました。ほんとは3枚目の構図の5731がいるはずだったんですが本番に限ってAFが暴れて無事ピン甘。そういうこともある。フルサイズ欲しいなぁとか言ってみるだけ。ほら言うだけならタダって言うでしょ?

5000系の帯の色の出し方で迷ってみたりだとか、HMのデザインカッコいいねだとかいろいろありますが、1年続いてダイヤ改正で朝増発があったりMt.TAKAOが結構な頻度で運転するみたいな話もあるようですし、嬉しい話ですね。沿線民でもないですが。

 

 

 

2/20 Hachioji City

P2257704

ホテルから。霧がヤバい。

 

 

 

P2257785

P2257791

_1087742

 

_1087745

京王八王子駅で都営車を。1・2次車来てほしかったな~とか思ってましたが、最近はマトタヌキも悪くないなと思い始めてみたり。

『京八っぽい写真を』と試行錯誤はしてみたものの、2枚目の時計とぐらいしか思いつきませんでした。西側の改札出たところから撮ればよかったかなぁなんて今更言って後悔しても遅いんですけどね。

八王子市に都営地下鉄の車両がいるのは一応都内だからセーフ(?)

 

 

 

_1087771

これは急行京王八王子を撮ろうとしたらすでに幕回しされてしまった種別灯がついてる普通高幡不動行き

 

 

 

おわり

内容がございません。ごめんなさい。

最初に書いた通り正直ブログに書くか悩みましたが、Twitterに何回にも分けて写真上げるのもめんどくさいしバーッと上げれて適当に語れるブログがいちばんいいのかなぁという結論に至ったので書いてしまいました。

ちゃんと旅した方もさっと書いてしまいたいと思います。

 

 

 

では