#ui_memo

ういめも

旅紀 : 北の大地 #5

_3085550

どうもです。 

最近めっちゃ更新してるように見えますが、書いているのはもう3ヵ月以上前の出来事と言う有様でございます。

さて、8泊9日で行く北海道一周の旅も終盤を迎え、残すところあと3日。

旭川から網走を経由し釧路まで。翌日は釧路から夕張を経由し札幌まで。

そして札幌で一泊し小樽で美味いもんでも食って新千歳からさよならバイバイという行程でした。その旭川から釧路までの記事になります。

 

 

 

 

 

Day7 Asahikawa→Kamikawa

_3085547

_3085551

_3085552

どっかで見たことあるようなサボの写真に案内の写真ですね。ワンパターンとも言う。

普通上川行きで上川まで向かいます。なんで2両?と思いましたが、途中から学生がたくさん乗り込んできて気になって調べたら上川に小・中・高校が固まっていました。なるほど、学生輸送用かと。

やっぱり普通列車に乗るとその地を少しでも知れるような気がします。何処に学校があるんだとか、どのあたりが一番人が住んでいるんだとか、ボックスシートで相席になったおじいちゃんおばあちゃんと話せばみかんをもらえたりするかもしれません。

その地に触れられるのが旅の醍醐味。賑やかになった列車は軽快に上川へ向かいます。

 

 

 

_3085554

_3085555

ダメヨ

ココヨ!!

 

ちょっとかわいい

 

 

 

 

Kamikawa Sta.

_3085557

_3085558

_3085560

_3085561

 上川駅。流石にここまで滞在していると雪にも慣れてきて、そんなに珍しいもののように感じなくなりました。

とか言ってみても、やはり1枚目のような白の中に浮かんだような写真が撮れるとウォォォォォとなります。瀬戸内海式気候の民の性でしょう。知らんけど。

 

 

 

_3085563

_3085564

_3085565

_3085566

_3085568

_3085570

_3085572

_3085573

_3085574

_3085575

_3085577

_3085578

_3085579

_3085580

_3085581

_3085582

_3085583

_3085584

_3085589

_3085590

_3085593

_3085594

_3085597

_3085604

_3085600

 

 

写真ばっかりですね。内容ないから誤魔化すためとかじゃないんで許してください。内容もとから無いようですよってか。うるせぇ。

 

 

 

 どうもこういうローカル線の中にあるちょっと栄えた特急停車駅みたいなんに弱いらしく、普通で行けば後続のオホーツクまでで時間が作れると知った私は迷いもなく早起きして乗り込んだわけでございます。

 

こういうとこで運賃表なんかを見ると旭川まで普通列車で1070円、札幌まで特急だと3670円、網走まで特急だと6150円とか、北海道フリーパスお前26230円でいいんかほんまに。大丈夫なんだろうか。

 

 

 心配になります。

 

 

 

この駅の自販機でカフェオレ買っておつりだけ取ったのに買ったもの取るのを忘れる凡ミスを犯しテンションが一気に急降下。

遠軽で3分停車なのでワンチャン自販機まで走れるかとか考えながら流れていく車窓を眺めます。

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20180627002731p:plain

_3085607

またお前かい

 

 

 

Engaru Sta.

_3085609

_3085608

_3085610

無事カフェオレを購入しお釣りも品も忘れず取り車内へ戻ったら座席の大回転大会が開催されていました。前にいた外国人の人に手ぶり身振りと上手いわけでもないカタコト英語で「デンシャ ムキ カワル ザセキ マワス」みたいなことを伝えたのを覚えています。半分熱意と周りの空気でわかったみたいな感じでした。JapanRailPassを使っていたので観光でしょう。ぜひ楽しんでほしいななんて思いながら、自分も楽しめるよう気分を上げていきます。

いつぞに書いたように、楽しかったことも辛かったことも昨日のことのように思い出せるのが旅の面白い所。130円無駄にしたことも、今となってはいい思い出です。そんなもんです。

 

 

 

 

 

Abashiri Sta.

_3085612

_3085614

_3085616

_3085618

_3085619

_3085620

_3085624

_3085628

_3085626

_3085631

網走駅。アルプスの牧場が流れてタイムスリップしたような気分になりました。

流石に旭川行き特急は人が多いですね。この手の駅は待合室の横に臨時改札のようなものがあるのがデフォルトなんでしょうか。上川にもこんなのありました。

西留辺蘂行きとかあるんですね。と思ったらここにも小・中・高校がありました。留辺蘂駅から微妙に遠いんですね。成程、こうやってみると重要性とかJR北海道の計らいのようなものが感じられます。

 

そんな考察をしながらここから次の目的地まで移動するバス停の位置を調べました。よくわかんない。

気を改め次の駅まで歩いてみることにします。 

 

 

 

 

 

_3085632

_3085633

_3085638

適当にGoogleMapでルートを見ていると駅跡の文字があったので行ってみました。石碑にはこう書かれています。

 

十勝の池田から着工した網走線は大正元年(1912)に野付牛を経由して網走まで開通した。この地に建設された網走駅は昭和7年(1932)まで営業を続け、駅舎が新町に移転した後は貨物専用の浜網走駅となり、同44年まで使用された。

 

流石に昭和44年なのでこの石碑以外にそれらしいものは見当たりませんでしたが、『網走駅 昭和44年』で検索するとそれらしき写真や文献が見当たります。流石に7年で検索しても出てきませんでしたが、きっとこの場所でたくさんの人が汽車に乗り込んだのでしょう。そう考えるとちょっと壮大ですね。

 

 

 

 

_3085639

_3085641

_3085642

なにやら神社があるらしいので坂道を上っていきます。

 

 

 

_3085643

_3085644

_3085645

_3085648

_3085649

辿り着いたのは人の気配が欠片も無い雪に埋もれた神社でした。

踏切に書かれた「神社通り」の文字と道路にそびえる鳥居がその趣を感じさせます。おみくじでも引こうかと思いましたがそれらしきものは無く、先述の通り私以外の人がいなかったのでお参りだけして桂台駅へと向かいます。

 

 

 

_3085652

_3085653

_3085655

_3085656

_3085657

_3085659

_3085662

_3085664

 桂台駅。緑を使った公園の遊具みたいなデザインの駅です。

なんかどっかで見たことあるような~と思ったら遊具でした。今思い出した。

すぐそこは車通りの非常に多い道路で、出入口が歩道に顔を出している構造。ほんとに作れそうだから駅作ったったわwみたいな感じです。

 

 

 

_3085666

_3085667

_3085670

近くの橋から駅と反対側を見ます。3tまでしか通れない橋で、1車線で行き違いできねぇぞって標識に書かれてます。こんなの見れるとは思ってなかった。

 

 

 

_3085672

_3085673

_3085674

_3085651

駅前から海が見えました。こうしてみると結構高低差があるんですね。

キャリーバッグを引きずりながら歩いているので車輪の跡がくっきりと。行きと帰りの分がついていて足跡残してるぜ!!!ウェーイ!!!みたいな変なテンションになっていました。元から変だろ。

4枚目はふと下を見たときに見つけた切符。なぜこんなところに網走から260円のきっぷが落ちているのかとか、日付が昨日なんだけどとか未だに謎です。これは迷宮入りですね。

参考までに、網走駅から桂台駅までは170円です。謎が解けた方、ご一報ください。

 

 

 

_3085676

_3085677

なんとなく海の方まで歩いていると旧網走刑務所正門の遺構がお寺と幼稚園の門になっていました。有形文化財に指定されているぐらいですから貴重なんでしょう。レア度でいうとSレアぐらいでしょうか。知らんけど。

 

 

 

_3085678

_3085679

冬のオホーツク海と言えばやはり流氷です。クルーズ船?が止まっていました。不安になるバランス感だな。

 

 

 

Abashiri City→Kitahama Sta.

_3085680

_3085685

観光のような放浪を終え北浜駅までやってまいりました。京阪じゃないよ。

知らない場所でバスに乗るとき、それであっているのか心配で心配で調べ始めてしまうのはなんででしょう。

 

この駅、一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。無いなら今知ってください。なんといってもこの駅…

 

 

 

_3085689

_3085690

_3085722

 

海  が  目  の  前 です。

 

読んで字のごとく駅のすぐそこ。歩いて1分も無いぐらい。オホーツク海に一番近い駅。

北舟岡駅と違うところは、駅が1面1線の棒線なので

|駅舎|ホーム|線路|THE SEA|って感じです。

時期がよければ流氷も見られるそうですが残念ながら海水だけでした。

 

 

 

Kitahama Sta.

 

_3085686

_3085691

_3085698

_3085692

_3085693

_3085695

_3085696

ほんと、駅舎と言うよりは海の家のような雰囲気ですね。なんでそう感じたのかはわかりませんが、そんな感じでした。

お洒落な喫茶店が入っていると聞いてここまで昼飯を我慢してきました。

 

 

 

_3085697

_3085703

_3085717

_3085699

_3085708

う~~~んなんだここ!

単極に言い表すなら「エモい」。そのワード以外が死にました。

カレーだけで済ませるつもりでしたが手が勝手に上がってあ~~~!!!困ります!!!ケーキにコーヒーまで頼んでしまってはここから出られなくなります!!!あ~~~!!!!!

 

 

 

P3085729

負けました。そのための貯金。

 

 

 

P3085730

P3085728

_3085716

客車の座席?にマイタウン列車のサボ、帽子や切手などなど…。

恐らく一般的な喫茶店の内装なんでしょうが、喫茶店に滅多に入らない人間なのでちょっとしたことでテンションが上がります。駅についた時点で既にテンション上がってますけど。強いて言うなら晴れてほしかった…。

美味しいコーヒーにケーキ、ごちそうさまでした。

 

 

 

_3085721

_3085733

_3085735

_3085737

_3085741

P3085750

 列車が来るまで1時間ぐらいでしょうか。コーヒー飲んでくつろいでいたら気付いたら1本乗り逃していましたがまぁ気にしません。余裕は持っていたので存分に使っていきましょう。

 

 

 

 

 

Hamakoshimizu Sta.

_3085751

_3085753

_3085756

_3085754

一駅進んで浜小清水駅。間に原生花園という臨時駅があります。

小清水原生花園の最寄り駅で5/1-10/31しか営業しないらしいです。

 

人為的な手を加えず自然をそのままにした状態でも色鮮やかな花が咲く湿地帯や草原地帯のことを「原生花園」っていうんだよ!とWikipedia先生が教えてくれたのでそういうことなんでしょう。どれほどなのか気になるので今度は夏に訪れたいですね。

 

 

 

さて、この駅に寄ったのは近くの展望台から駅と海が俯瞰できると聞いたからだったんですが、その俯瞰で撮ろうとした列車に乗ってこの駅へ来たので列車は撮れません。何がってこの駅

 

 

16時50分の次が19時20分なので…。

何も考えず降りたのが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

キャリーバッグを持ちながらほぼ斜面のような道を通り展望台へ向かいます。17時で閉まるとか書かれていましたが開いていました。強いて言うなら怖かった。消火栓の赤い光と強風の音で二重に。非常に怖い。それが一番デカかった。どんだけチキンやねん。今でも思い出せるぐらい怖かった…。

 

 

 

_3085762

_3085769

_3085770

でも綺麗だった…。これには勝てんわ…。

 

 

斜面を滑り降りたほうが早いんじゃないかとか考えながら降りましたとさ。

 

 

 

_3085771

_3085772

_3085773

_3085775

降りたらちょうどいわゆる「ブルーモーメント」っていう時間帯でした。日が落ちてちょっとだけ明るくて空が青っぽいようなやつ。

ほんとならブルーモーメントで激Vな写真を量産してわーいわーい言った後星空でも撮って時間なんて勝手に消えているはずでした。

実際外はドン曇りどころか風が強い上雨まで降り始め気分がブルーモーメントですわ。ガハハ

 

 

今ちょっと上手いこと言った

 

 

 

_3085789

_3085790

_3085794

_3085796

驚きの黒さ。真っ暗って言うのはこういうのを指すんですね。トンネルの中でもないのにヤバいぐらい暗かったです。ほんと星撮れなかったのが悔やまれます。晴れてれば…。

 

駅に道の駅が併設されているんですが、そこも冬は17時で閉まるらしく、かろうじて飛んでいたフリーWi-Fiで動画とか見たりして時間を潰します。

道の駅の人、こんな時間に客が来ると思っていなかったようで話しかけてくれました。だいたい「どこから来たの?」「大阪から来ました」がテンプレです。

サキイカをオススメされましたが、生姜のドライフルーツを買いました。甘いな~と思った途端生姜の辛みが来る美味いけど辛いそんなドライフルーツです。中毒性があるのか思い出しただけで食べたくなります。今となってはサキイカを買っておいてもよかったなぁとか。また行きます。今度来るときは晴れていてほしい…。

 

最終手段と決めていたホテル以外での動画視聴とDiscordで人と喋ることで耐えきり列車が来る時間になりました。雨で外も出歩けないので止む無しです。

流石に何もせずに2時間はキツいものがある。

 

 

 

f:id:u_i_r_o_tk:20180627020021p:plain

でもライトで照らされた雪に照明や対抗列車の明かりで照らされるキハ54はカッコいいですね。待った甲斐はありました。

今度来るときは晴れていてほしい…って何回目やねん。

 

 

 

ラーメン屋でラーメンでも食べようと思いましたが開いている気配がせずセコイマートでパンを買って乗り込みます。

浜小清水から少し進んだ知床斜里から南へ進路を取り釧路へと伸びていく釧網本線。途中釧路湿原なんかも通るようですが、真っ暗なので何が何だかって感じでした。

同じ列車に乗っていた人、9割は寝ていました。

列車の中で新しいカメラ買いたいなぁと思う反面今のE-M10 MarkIIでまだまだ遊べるな、なんて自問自答をしたり。2年と少しの付き合いですが、どこへ行くにも一緒でした。きっと旅をするのに一番必要な大切な相棒はこいつなんでしょう。そう思いました。

 

 

 

Kushiro Sta.

_3085801

_3085803

_3085806

_3085812_3085814

_3085816

_3085818

_3085819

_3085820

_3085821

_3085824

_3085811

_3085829

_3085828

_3085827

長い長い列車の旅を終え終点の釧路駅へ到着しました。電光掲示板には行ったことのない駅名ばかり。強いて言うなら札幌ぐらいでしょうか。摩周、厚岸、根室、帯広、新得…。明日以降で回る行き先に思いを馳せながらホテルへと向かいます。

 

 

 

 

 

あれ?なんか掲示されてるぞ?

 

 

 

_3085825

 

は? 

 

 

 

 

え???

 

 

 

は???????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路へ着いてから起こった出来事

・道東の路線がすべて運休になる

 →明日以降立てていた予定がすべて崩壊する

十字キーが壊れる

 →カメラが故障して撮影にちょっと支障が出る

 

 

 

・・・呪いなの?

 

 

お願い!死なないでJR北海道!あんたが今ここで倒れたら、札幌で取ってるホテルや新千歳からの航空機のチケットはどうなっちゃうの?

ルートはまだ残ってる。高速バスが取れれば、札幌へ辿り着けるんだから!

次回、「陸の孤島・釧路」。デュエルスタンバイ!

 

 

 

 最後の一席を抑えることができた高速バスを信じ、雨の降る釧路で眠りにつく。起きれば天国か地獄か。目が離せないね!